1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 風疹~子どもの病気~

風疹~子どもの病気~

風疹~子どもの病気~のタイトル画像

子どもの病気としてよく知られる病気のひとつ、風疹は別名「3日はしか」とも言われています。その名の通りはしかに似た赤い発疹が出てきますが、はしかとは別の病気です。今回は、風疹について解説します。

風疹はどんな症状が出るの?

目に見える部分の症状としては、はしかに似た赤く細かい発疹が出ることです。「3日はしか」と言われる原因でもある発疹は大きさがそろっており、全身に広がって3日から5日程度で消えていきます。他には、耳の下などにあるリンパ節が腫れてきたり、目が充血してくるなどの症状があります。発疹が出てくるのと同時期に発熱する場合もありますが、熱が出るかどうかは人それぞれで、熱が出ない場合も半数程度あります。

風疹ウイルスの潜伏期間と原因は?

感染から発症までの潜伏期間は、およそ2週間~3週間ほどです。風疹ウイルスは飛沫感染するため、風疹にかかった子どもの咳やくしゃみで飛んだウイルスを吸い込むことで発症してしまいます。人に感染する時期は、発疹が出る数日前から、発疹が出ている間、さらに発疹が消えてから5日ほどです。発疹が出る前から感染の可能性があるので、周りで風疹を発症した子どもがいたら、子どもの体調に気をつけておきましょう。中には、感染しても症状が出ないまま治ってしまう子どももいます。

風疹の合併症は意外と多いんです

風疹の合併症として知られているのは、関節炎、急性脳炎、血小板の減少、溶血性貧血ですが、多くは後遺症なく治癒します。また、妊娠初期に母親が風疹にかかると、胎児に先天性風疹症候群という合併症が起こることがあります。胎児の心臓や聴力に影響を及ぼすことが多く、注意が必要です。妊娠が分かった時に産婦人科で抗体を検査する場合がほとんどで、感染の心配がない程度に抗体があれば問題ありません。

風疹を予防するにはどうしたらいいの?

ワクチン接種は必須ではなく、副作用のリスクなどを考慮しながら接種を受けるか受けないかを選択することができます。ただし風疹にかかった場合の合併症のリスクや、妊娠中に風疹にかかるリスクを避けるためには予防接種は効果があります。予防接種を受ける場合、生後12ヶ月から24ヶ月の時期に1回目、5歳から7歳までの間に2回目を接種します。春から夏への季節の変わり目は風疹が流行りやすく、普段から意識しておくことも大切です。

風疹になったとき家庭でできることは?

子どもの様子をよく観察し、水分補給に気をつけてあげましょう。暖めすぎたり冷やしすぎたりしないよう、汗をかかない程度の適温に保ちます。身体を清潔に保つことも大切ですが、発熱時など体力を消耗している時には、お風呂に入れずシャワーで済ませたり、温めたタオルで拭いてあげるだけでも構いません。安静にするのが好ましいですが、子どもが起きたがる時は無理に寝かせなくても問題ありません。発疹にかゆみが出た場合は、かきむしらないように水をしぼったタオルで冷やして様子を見ましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りな

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 風疹~子どもの病気~