1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 授乳中におっぱいに固い豆粒大のしこりができた。これは普通?それとも病気?

授乳中におっぱいに固い豆粒大のしこりができた。これは普通?それとも病気?

授乳中におっぱいに固い豆粒大のしこりができた。これは普通?それとも病気?のタイトル画像

授乳中、おっぱいをそっと撫でてみると固いしこりがあることがあります。はじめは痛くありません。これは、「うつ乳」といってよくみられる症状です。ただ連日の育児と頻繁な授乳に追われ、こんなものかなと放置してしまうと乳腺炎という病気になってしまいます。なんだか固いしこりが気になる…という方は早いうちに対処しましょう。

目次 授乳中にできるしこりが痛い。これは乳腺炎?
乳腺炎の症状は?
乳腺炎が悪化するとどうなる?
授乳中のしこり、乳腺炎の原因とは?
乳腺炎の痛みへの対処法は?
乳腺炎を予防するには
おっぱいと程よく付き合いましょう

授乳中にできるしこりが痛い。これは乳腺炎?

あかちゃんにおっぱいをあげているときに、自分のおっぱいをそっと撫でてみてください。温かくて柔らかく、全体的にべちゃっとしたおっぱいは、赤ちゃんも飲みやすいスタンバイOKのおっぱいです。

それなら良いのですが、何となく固いしこりに触れるようなことがありませんか?その時は「うつ乳」という状態になっている可能性があります。

乳腺はおっぱいを流すルートで、ここに滞りがあるとき、乳管というおっぱいの出口が詰まります。その滞った部分が固くしこりのように感じる状態をうつ乳と言います。まだまだおっぱいがキンキンにはれるようなとき、この状態はよくあります。ただ、ここで対応しておかないと、次にこのしこりを中心に熱を持って赤く張れ、炎症を起こしてしまうことがあります。この症状を、乳腺炎といいます。

乳腺炎の症状は?

まず、固いしこりが触れた部分を中心に、皮膚が赤みを帯び熱を持ってきます。しこりだけのうちはなんとなくもみほぐせたものが、痛みを強く感じるようになり、段々触れるのも痛くなってきます。「うつ乳」というおっぱいが停滞している状態から、停滞したおっぱいに細菌がつき、感染を起こした状態に徐々に変化してしまうのです。

細菌は近くの組織に感染していき、赤く腫れ痛みがある範囲が広がっていきます。そのうち体が全体的にだるくなり、寒気が出てきて発熱する可能性が高くなります。感染が広がっていくと、全身が小刻みに震え、悪寒戦慄な状態になります。こうして「うつ乳」から「乳腺炎」という病気になるのです。

この時期お母さんは、四六時中赤ちゃんの世話に追われていることが多く、なかなか自分のケアができない時期だと思われます。「どうにかなるか」と思っているうちに、気づいたらこの状態になっていた、ということが多いようです。

乳腺炎になってしまったら、病院での治療が必要になります。これらは保険適応になるのでご安心ください。まずは細菌退治のための抗生物質の投与で、内服か重症なら点滴での投与されます。同時に、痛みや発赤に対して解熱鎮痛剤が投与されます。いずれも、授乳中でも心配ない薬剤を処方されますが、飲み方などは間違えないように注意してください。

内服処方を受けた場合、授乳してから内服をしてその後の授乳間隔をあけるようにする、という方法もあり、赤ちゃんに薬が移行しないために有効な手段もあります。ただ、うつ乳の改善には、とにかく赤ちゃんにおっぱいを飲ませることにつきます。赤ちゃんが精神的に安定するためにも、授乳中にも安全て飲める薬が処方されるので、授乳リズムの方を優先させてください。

乳腺炎が悪化するとどうなる?

乳腺炎は「急性細菌感染症」でもあります。悪化してくると、全体的な皮膚の赤み、腫れがひどくなり、最終的には痛みが耐えられないくらいになります。熱による悪寒がつづき、時に39度台まで熱が上昇することもあります。

手足をけがしたとき、きちんと傷口を洗わなかったために、段々と傷口が白くぐちゅぐちゅしてくるのを見たことはないでしょうか。これは、傷が細菌に感染して「膿んで」いる状態です。

乳腺内での細菌感染でも同じことが起こります。感染は乳腺周囲から乳房に広がり「乳房膿瘍」という「膿んだ」状態になります。こうなると内服などでは対処しきれなくないので、時には入院せざるを得ないかもしれません。膿んでしまった場所は、範囲を超音波検査で特定し、切開して排膿(膿みを出す)する処置が必要になることもあります。

具体的には局所麻酔をして(歯医者でされるような一時的な局部だけの麻酔)、1㎝ほど切り、そこに管を入れて膿を流し出します。1度では排膿できないことが多いため、この部位を毎日消毒してガーゼ交換していきます。

乳腺炎自体の入院も大変ですが、その間赤ちゃんをどうするか、などスムーズに治療が始まるまでも悩みっぱなしになるかもしれません。また産科の特徴として、うつ乳の状態で通うのは助産師中心の母乳外来、乳腺炎で処方など内科的な治療は産科医、切開することになると乳腺専門の外科医、と色々な科に通院しなくてはいけません。

乳腺炎になったのは誰のせいでもありません。借りられる手を借りて、治療に専念できる環境をつくりましょう。

授乳中のしこり、乳腺炎の原因とは?

原因として考えらえるのは7つあります。

①乳頭の亀裂 出産直後の乳輪が柔らかいときから頻繁に授乳を始めていると、乳頭や乳輪が赤ちゃんに合った形になります。このタイミングを逃すと、乳房が固く緊満しパンパンに張ってくる時期になり、赤ちゃんのまだ弱い顎では十分に乳輪をくわえて吸い付くのが難しくなります。

それでも、お腹が空いた赤ちゃんは必死ですから乳首にかじりついて吸おうとして、結果乳首が切れてしまい、痛みで授乳間隔が狂ったりしがちです。結果、乳汁が滞ってしまいうつ乳になることがあります。

②母親の疲れ 生活の中に育児が入ってくると、今まで普通にできていた食事や保清行動、トイレまで自由にならなくなります。食事や水分をしっかりと摂り排泄する、これは体内の水分、血液をスムーズに流す行為です。おっぱいは血液から作られます。通常の日常生活行動がとれないことで、おっぱいも滞ってしまうのです。

③乳栓 初乳と言って、出産直後のおっぱいは栄養満点なのですが、ねばねばしています。これが、スムーズに赤ちゃんに行かないとやはり詰まってしまいます。

④不適切な授乳体制

⑤不適切なおっぱいのくわえ方 ④⑤は、赤ちゃんが乳輪までしっかり口に含まず乳首だけで吸ったりすることにより、十分におっぱいを吸いきれていないことにより、滞りがおきます。

⑥不適切なミルク補充 母乳で足りているのに、ミルクを足すことによりやはりおっぱいが残ってしまうことがあります。その場合は、搾乳するなどの手はありますが、搾乳のし過ぎでおっぱいが出すぎてしまうのもよくありません。必要であれば、母乳外来などで相談してみるのもよいでしょう。

⑦授乳間隔の変化 母親側の都合で、授乳間隔があいてしまうときも乳汁はたまり滞って詰まってしまったりします。復職など環境を変化させる場合は、対処法を考えておきましょう。

乳腺炎の痛みへの対処法は?

痛みが出てきたら、早めに産科を受診して、授乳中でも差し支えない鎮痛剤を処方してもらいましょう。直接痛みには効かなくても「葛根湯」などの漢方を一緒に処方されることがあります。葛根湯は、免疫力をあげパワーアップさせる効果があります。

そしてよく迷うのが、温めるべきか、冷やすべきか、ということかもしれません。簡単に言うと「炎症が無い状態(痛み、熱が無い)は温めて、母乳の出を良くしてうつ乳を解消する」「炎症が有る状態(痛みがあり、腫れて熱が出ている)は冷やす」を覚えておいてください。

体は冷えていると機能を発揮できません。炎症が無いうちは温めて血流を良くし、免疫力をあげ乳腺炎まで移行するのを防ぎましょう。

炎症が起きてしまったら、温めると悪化します。温めると体内の細胞が力を発揮するのを同様に、炎症を起こす細菌も活発になります。痛みを感じ始めたら冷やしましょう。冷やすために、昔はジャガイモシップなどが使われたようですが、食材などは細菌の温床になります。冷却ジェルシート(熱さまシートなど)が、清潔でおすすめです。

ただ、冷たいおっぱいは赤ちゃんにとっては飲みにくいですから、授乳の際は、お湯に浸したタオルで少し温めてからあげると良いと思います。

いずれにしても、痛みが出てきたら自己判断は禁物です。必ず産科医に受診することをおすすめします。

授乳中におっぱいに固い豆粒大のしこりができた。これは普通?それとも病気?の画像2

乳腺炎を予防するには

今までお話ししたことを見ていただくと、うつ乳にしない、乳腺炎にならないためには、とにかく乳汁をおっぱいにためこまないこと、とご理解いただけると思います。出産と同時に、母体はホルモンを入れ替え、一気におっぱいつくりに取り掛かります。体中の血液を使って、赤ちゃんに必要な乳汁を作りますので、その分出さないとどんどんたまってしまいます。

栄養豊富な乳汁は、たまると固まっておっぱいの道をふさぎ、うつ乳となり、栄養豊富なものは細菌にとっては大好物ですので、細菌感染へ移行してしまうのです。

ですので、とにかく「授乳を続ける」ことが大切です。痛みが出てくると辛いですが、おっぱいの流れを止めてもおっぱいをつくることを体はやめないので、赤ちゃんに飲んでもらうことが大切です。

そして、スムーズにおっぱいを出すために、助産師などに相談しながらすべての乳管が開通するような授乳の仕方(角度や姿勢)を教わりましょう。しこりが出ていれば、しこりのある方のおっぱいから授乳します。

しこりに対してマッサージは有効なのですが、慣れた方でないと逆効果のことも多く、一概には言えないですね。

そして、できる限り休息をとりましょう。頻回な授乳で眠れないことも多いかもしれませんが、10分でも横になると違います。家事は後回しです。少しでも休みましょう。

おっぱいは血液からできています。さらさらの血液を保つことも必要です。元々授乳で、通常より水分が必要な状態になっています。ただ、カフェイン系や、炭酸などは逆効果になることもあるので、好きな方は気分転換にほどほどにしてお茶系や水を多めにとってください

塩分、脂肪分は血液を濃くドロドロにします。塩分を控えること、塩分排出効果のある野菜類をたくさんとることは必要です。また、脂肪分ではケーキや洋菓子などが落とし穴です。睡眠不足で疲れて甘いものが欲しくなりますし、お祝いにケーキなども多いかもしれません。食べてはいけない、というのも酷な時がある気がします。乳腺炎になってしまえば控えざるを得ませんが、ほどほどに摂り、洋菓子より和菓子を選ぶなど工夫しながらとりましょう。

おっぱいと程よく付き合いましょう

おっぱいは、赤ちゃんにとって最高の栄養と言われますし、赤ちゃんの精神安定剤としても効果抜群です。ただ、取扱いにはちょっとしたコツが必要です。はじめが肝心で、初乳の段階から赤ちゃんと飲みやすい体制を整えていけば、手を携えるように成長していけるような気がします。

ただ、ちょっとかまってやらなかったり気にかけてあげないと、すねる子どものように癇癪を起こします。逆に固執しすぎて神経質になると、おっぱいの量を減らしてきて、そっぽをむいたり厄介な時もありますね。

授乳ごとにおっぱいを優しくさすってあげるのも良いと思います。いつも、気にしていると母親も疲れてしまいますし、微細な変化に早く気づくには、頻回に気にしすぎない方が良いと思うからです。「おっぱいさん、お疲れ様。ありがとうね」なんて言いながらさすってみましょう。


乳腺炎の内容は、少し怖がらせてしまったかもしれませんが、早期発見なら悪化する前に治療できます。おっぱいと程よい距離で付き合っていってくださいね。

授乳中におっぱいに固い豆粒大のしこりができた。これは普通?それとも病気?の画像3

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 授乳・ミルク 乳腺炎

この記事を書いた人

acchan

現在二人の子どもの子育て真っ盛りのママです。
子どもの個性を伸ばした関わり方を大切に、日々試行錯誤しながら自分自身も成長しています。
自分自身も子どもと一緒...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 授乳中におっぱいに固い豆粒大のしこりができた。これは普通?それとも病気?