1. >
  2. >
  3. >
  4. 秋の味覚を楽しむ親子クッキング

秋の味覚を楽しむ親子クッキング

秋の味覚を楽しむ親子クッキングのタイトル画像

秋は果物や野菜、魚など多くの旬の味覚を味わえる季節です。秋食材を使って、親子で料理を楽しんでみませんか?親子クッキングの食材選びのコツやおすすめのレシピを紹介します。

親子クッキングおすすめの食材&調理方法

幼児期では、まだ包丁を使って切ることは難しいため、親子での料理では、「混ぜる」「ちぎる」「焼く」「成形する」「盛り付ける」といった工程がメインの料理がよいでしょう。蒸したさつまいもやホットケーキミックスは使いやすい食材です。ママパパはあくまでサポートを行いながら、子どもが自分でできそうな作業は子どもにやらせてあげましょう。盛り付けも、子どものアイディアに任せます。料理体験を通して子どもが、「自分で作った」「ママやパパと一緒に作った」という満足感を得られることが重要なのです。

一緒に丸めて「おいものお団子」

さつまいも使ったお団子を作りましょう。さつまいもは茹でて潰し、手で丸めていきます。さつまいもを潰すことも、お団子の形に丸めることも、子どもがチャレンジしやすい作業です。次に、丸めたさつまいもにハケで水を塗って、お好みで黒ごまか白ごまをかけます。あとは、オーブントースターで焼けばできあがりです。十五夜のお月見団子としても使えるレシピですね。きれいに丸められなくてもあまり直ししたりせず、自分で作った喜びを子どもが感じられるようにしましょう。

スイートポテトをケーキ仕立てにしよう

さつまいもでもう一点、スイートポテトのケーキ風です。電子レンジで柔らかくしたさつまいもを潰して、バターと砂糖、牛乳を混ぜて、スイートポテトの生地を作っておきます。お皿の上にスイートポテトの生地をドーム型に盛り付け、砂糖を入れて泡立てた生クリームを塗ります。レーズンやチョコチップ、チョコスプレーあるいはクッキーなどのお菓子で飾りつけをしましょう。さつまいもがぐっと豪華になり、大満足のおやつになるでしょう。



ホットケーキミックスでお手軽マフィン

マフィンはホットケーキミックスを使うと、混ぜて焼くだけと簡単なため、親子でもクッキングにピッタリです。分量はホットケーキミックスによって異なりますので、パッケージなどで確認して下さい。あらかじめオーブンは180℃に温めておきましょう。ボールに卵と砂糖を入れて泡立て器で混ぜ、溶かしバターと牛乳を加えます。次にホットケーキミックスを加えてさらに混ぜ、お好みでチョコチップを加えて混ぜます。あとはマフィン型に入れて20~25分焼くだけです。

秋の味覚を楽しむ親子クッキングの画像2

餃子の皮でカンタン「きのこのピザ」

餃子の皮を使って、簡単ピザを作りましょう。アルミホイルの上に餃子の皮をのせて、ピザ用ソースを塗ります。その上に、しめじやプチトマト、ハムかツナをのせて、たっぷりのピザ用チーズをかけます。トースターで7~8分加熱したら完成です。具を乗せる工程を子どもにやってもらい、好きな具を選ばせましょう。自分だけのオリジナルピザができれば、満足度も高いです。餃子の皮のピザなので、子どもでもぱくぱく食べられます。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 習い事

この記事を書いた人

ありさ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 秋の味覚を楽しむ親子クッキング