1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 和痛分娩とは?リスク・費用は?無痛分娩との違いは?

和痛分娩とは?リスク・費用は?無痛分娩との違いは?

和痛分娩とは?リスク・費用は?無痛分娩との違いは?のタイトル画像

妊娠したら気になってしまうのが出産の痛み。痛みを和らげる出産方法として、無痛分娩や和痛分娩が注目されています。痛みを軽減する一方で、リスクやデメリットはあるのか?気になる費用はどれぐらいなのか?この記事では和痛分娩について詳しく解説します。

目次 和痛分娩と無痛分娩の違い
和痛分娩の流れ・方法
和痛分娩のメリット
和痛分娩のデメリット・リスク
症状によっては硬膜外麻酔による和痛分娩が出来ない
和痛分娩を選ぶ有名人も
和痛分娩をした人の体験談・実際の声
自分に合うバースプランを考え、前向なマタニティライフを

最近、芸能人の出産というニュースでよく聞く和痛分娩。和痛分娩とはいったいどんなお産なのでしょうか。
医療機関によって和痛分娩の定義は様々のようですが、基本的には分娩時に伴う「痛み」や「恐怖」を和らげる分娩方法のことをいいます。

ドラマや映画などの出産シーンを観ると分かるように、これから赤ちゃんが産まれる喜びや感動の前には、必ずや分娩時の壮絶なシーンが観られます。人によって「つるん」と赤ちゃんが産まれて全然痛みを感じなかったなどという強者もいますが、出産を経験した多くの女性がこの分娩時の辛さは経験しなければ分からない痛みだといいます。ではこの「痛み」とはいったいどこからやってくるのでしょうか。

分娩時の痛みとは子宮の収縮や産道が広がる時に感じるもの。子宮が収縮と弛緩をくり返すことによって陣痛が起こり、赤ちゃんの通り道である産道の子宮頸管が徐々にやわらかくなって開いていくときに感じます。この痛みを和らげながら出産することを和痛分娩といいます。

和痛分娩と無痛分娩の違い

和痛分娩の他に無痛分娩という言葉もよく聞かれますが、和痛分娩と無痛分娩には医療的な明確なガイドラインによる違いがあるわけではないようです。例えば、背中から硬膜外にチューブを挿入し、麻酔薬を投与して腰から足先に感じる痛みを軽くしたり無くしたりする方法を無痛分娩とよぶ医療機関もある一方で、麻酔ガスや点滴による麻酔薬投与で痛みをやわらげることを和痛分娩とよぶ医療機関もあり、その定義は曖昧な部分も多いようです。

また陣痛開始前後から分娩までの間に、ラマーズ法やヨガや瞑想の技法を取り入れたソフロロジー法などの呼吸法などを取り入れ、リラクゼーション効果のある陣痛室の構造などの全体を指して和痛分娩と呼ぶ医療機関もあるなど千差万別です。

和痛分娩と無痛分娩、どちらも分娩の際の痛みや恐怖を取り除く目的のため、ほぼ同じ意味で使われる場合が多いようです。よくわからないままに分娩を迎え、想像していたお産と全然違うということにならないよう、通院する際にその医療機関の和痛分娩はどんな薬の種類を使用するのか、またタイミングや痛みの感じ具合など、どんな内容で行っているのか詳しく聞いておく必要があるようです。

和痛分娩の流れ・方法

和痛分娩・無痛分娩の方法にはいくつか種類があります。現在もっとも安全とされ、多くの医療機関で行われているのが硬膜外に麻酔をする方法です。この方法はあらかじめ分娩日をきめておく計画分娩をすることが出来ます。出産予定日を決めて計画をたてるため、立ち会い出産を希望するパパの仕事のスケジュールを調整出来る、他のお子さんの預け先を確保することが出来るなど、多くのメリットがあります。

また1人目の出産で辛い痛みを経験した方が、今度は無痛で出産したいと思って和痛・無痛分娩を選択することも多いようです。しかし、この方法は麻酔を使用することで陣痛が弱くなってしまうこともあるため、陣痛を促すための陣痛促進剤を投与したり、赤ちゃんを引っ張る吸引などの措置がとられることもあります。他には麻酔ガスや静脈に麻酔剤する方法などもあり医療機関によって様々です。また上記のような麻酔薬によって母体を痛みから遠ざける方法と併用しして、「和痛分娩と無痛分娩の違い」で述べたラマーズ法やソフロロジー法など陣痛時の痛みを心理的なアプローチでコントロールする方法もあります。

和痛分娩のメリット

①分娩の痛みが少ない
和痛分娩の最大のメリットとは分娩の痛みが緩和されることでしょう。完全に痛みが無くなる訳ではないので、陣痛を感じることも出来ますし、自分自身でいきむことができるので自然分娩に近いお産ができるといわれています。つまり自然に近い形で体に負担をかけない出産を望む方にはぴったりの方法だと言えます。麻酔の効きには個人差はありますが、自然分娩よりは陣痛の辛い痛みが軽減されるため「産んですぐに意識がはっきりした状態で赤ちゃんを抱きしめることが出来る」などいくつもメリットがあります。

②産後の回復が早い
長時間の陣痛の痛みに耐えることはかなり母体に負担がかかります。産後に立ち上がる体力、気力も残ってないほど体力を消耗してしまう場合もあります。しかし和痛分娩では痛みが軽減されるため「出産時の疲れが少なかった」「産後の疲労回復が早かった」「産後すぐに動くことが出来た」など産後へ体力を残しておけるというメリットがあります。

③母子ともに体への負担が少ない
出産中に陣痛に痛みによって母体に変に力が入ってしまい、赤ちゃんに届かなければいけない酸素の減少を起こしてしまう場合があるため、母子ともに負担を軽減するため和痛分娩を選んだ方が良い場合もあります。また何らかの病気を抱えた妊婦さんも和痛分娩を進められる場合もあるそうです。日本ではまだまだ認知度も低い和痛分娩ですが、二度目の出産時は和痛分娩にしたいという女性が増えるようです。

和痛分娩とは?リスク・費用は?無痛分娩との違いは?の画像1

和痛分娩のデメリット・リスク

①陣痛が弱まる
人によって麻酔の効き方も異なり「陣痛が弱くなって出産に時間がかかる」「麻酔によっていきみにくい」などのデメリットがあります。麻酔によって下肢の感覚が鈍くなるため、スムーズな和痛分娩が出来ない場合もあります。

②分娩費用が高くなる
麻酔科医によって硬膜外麻酔を行うため、また保険適用外なので一般的な自然分娩よりは追加の料金が加算されますが、医療機関によって様々です。

③合併症のリスクがある
麻酔による吐き気、頭痛や産後にしびれ、感覚障害が起こることもあります。また、麻酔の影響によって血管の抵抗が減少し、血圧が低下し、貧血になることもあります。

症状によっては硬膜外麻酔による和痛分娩が出来ない

母体の症状によってはリスクが伴うため、硬膜外麻酔による和痛分娩が出来ない場合があります。

以下に該当される方は必ず医療機関の担当医に相談して下さい。

☆血液が固まりにくい体質の方
通常、硬膜外鎮痛を行う際には、あらかじめ血液の固まりやすさの検査を行います。
しかし、妊娠やお産の経過中に血液の固まりやすさは変化することがあり、もともと血の固まりにくい体質でなくても、硬膜外鎮痛をすることができなくなることがあります。

☆大量に出血していたり、著しい脱水がある場合
硬膜外鎮痛を行うと血圧が急激に低下する危険性が高いため、行うことができません。

☆背骨に変形、神経に病気がある場合
和痛分娩では背中の硬膜外から注射をして麻酔を投与するため、背中に変形、病気がある場合、硬膜外鎮痛は行えないことがあります。

☆注射する部位に膿(うみ)がたまっていたり、全身がばい菌に侵されている場合、高い熱がある場合
硬膜外腔に刺す針や管を介して、硬膜外腔や脊髄くも膜下腔にばい菌を持ち込んでしまう危険性があります。

☆局所麻酔薬アレルギーの方
局所麻酔薬に対するアレルギー反応はまれですが、起こると深刻な状態に陥ることがあります。以前に局所麻酔薬に対してアレルギー反応があった場合には、必ず担当医にお伝えください。

和痛分娩を選ぶ有名人も

有名人では松島尚美さん、小倉優子さんが和痛分娩で赤ちゃんを出産したことが話題になりました。松島尚美さんは一人目を自然分娩、二人目を和痛分娩で出産しています。両方経験出来てよかったとブログで報告していますね。出産の報告も詳細に出来るほど和痛分娩では体力にも余裕があり、記憶もばっちりだったそうです。小倉優子さんは和痛分娩を選択した理由として「痛みが少しでも和らげることが出来たらと思った」そうです。

ただし、

痛みに耐えることで初めて母親に慣れると考える人々から批判されることもある方法のため、和痛分娩にしたことを明かすか悩んだ

とも話しています。また、和痛分娩でも普通分娩でも、私は我が子の可愛さは変わらないと思いますとブログで報告されています。たしかにどんな方法であれ、産まれてくる赤ちゃんの可愛さに変わりはありませんね。

和痛分娩をした人の体験談・実際の声

【体験談1】
無痛も和痛も、ある程度の陣痛がつかないと麻酔を打たない病院が多いので、結局痛いのは一緒。一番痛いときに使っているのかが良く分からないから、あれだったら普通の分娩でよかった。

【体験談2】
3人目の出産で和痛分娩をえらびました。2人目の出産時、出血がそこそこ多くて1ヶ月近く経っても体の芯に力が入らない感じでしたが、今回も同じくらいの出血量だったにも関わらず、最初の1週間ちょっとはフラフラしていたものの、2週間も経つとかなりシャッキリ。産後の回復が早いなという実感があります。こんなに楽だったら過去の出産も無痛にしたかったくらい…と思いました。

【体験談3】
基本的には陣痛がきてから麻酔を入れる形だったので、陣痛の進みが早かったら(二人目以降はその傾向があるため)麻酔が間に合わないかもしれなかったですが、一人目より少しでも楽に産めるなら!と、無痛分娩を予約しただけでも安心できましたし、実際は予定日が超過したため誘発からの計画無痛分娩になり、全く痛みを感じない(マックスで生理痛程度)感動できる余裕もある大満足の出産になりました。

【体験談4】
無痛分娩も初産は、子宮口が開きにくいので、なかなか麻酔をしてくれない。(担当の先生によると思いますが)ただ、麻酔が切れた時のあの痛みを思い出したら、やっぱり無痛分娩を選択してよかったと思った!次出産することがあっても絶対無痛分娩を選択します!

【体験談5】
全くの「無」痛ではない。多少は痛い。痛くない人でも後陣痛とか、何かひとつは痛いです。回復力が違う。痛くないから疲れない。疲れが違うから回復力も違う。

自分に合うバースプランを考え、前向なマタニティライフを

和痛分娩とは?リスク・費用は?無痛分娩との違いは?の画像2

100人いたら100通りあるのがお産だと思います。希望しているお産どおりに出来る人もいれば、そうでもない人もいる。また、お産はお腹を痛めてするもの、それでこそ母親という価値観も根強いのは事実です。しかし、どんな方法であれ、産まれてきた赤ちゃんの可愛さに1mmの違いはありません。もし、妊娠したら。自分に合うバースプランを考えてみましょう。どんなお産スタイルが一番いいか、産後の赤ちゃんとの暮らしを想像しながら妊婦ライフを送ってみるものいかがでしょうか。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 分娩方法 無痛分娩

この記事を書いた人

makico♡

はじめまして。在宅ライターを始めました、makiと申します。サラリーマンの旦那さんとやんちゃな小学1年生の男の子と三人暮らし。出産前は広告制作会社などでデザイン...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 和痛分娩とは?リスク・費用は?無痛分娩との違いは?