1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. エンジニアの僕が子育てで「トヨタのカンバン方式」をやってみた結果

エンジニアの僕が子育てで「トヨタのカンバン方式」をやってみた結果

エンジニアの僕が子育てで「トヨタのカンバン方式」をやってみた結果のタイトル画像

すべきこともやりたいこともたくさん。でも出来る時間は限られている。働き方、子どもの数、年齢、住んでいる場所などで、その家族のベストな形は様々。夫婦のコミュニケーションや子育て手法は沢山見つかるけど、何をしたらいいんだろう。そんなある時、あの有名企業「トヨタ」が今のトヨタに成長する根源となった「カンバン方式」に出会い...我々家族は劇的に幸せになりました。

一児のパパをしながらインターネット業界でエンジニアをしています

エンジニアのパパ
っていうと

とにかく忙しそう。いっつも夜中まで働いていそう
体調が心配。早死しそう

など我ながらネガティブなお声をたくさん頂くのですが
ぶっちゃけ

子育ての方が大変!!!!!!!!!!

プログラミングって謎の言葉で溢れかえっていて
「ムズカシそう。大変そう」って印象の方が多いのではと思いますが
まさにその通りです(笑)

溢れんばかりの「すべきこと」
無限に増える「すべきこと」や「やりたいこと」
毎日出てくるトラブル
開発をするために必要な大量の学習...

ただ


子育ても似たようなものでして

変な色のうんちが出た!
え、なんか熱っぽい?
頭ぶつけた!大丈夫!?
おむつ無くなった、ご飯こぼした、
今月はどの予防接種受ければいいの?
幼稚園っていつごろから考えたらいいの?近所付き合いってどうしたらいいの?
ああああ夜泣きがーーー



と溢れんばかりの「すべきこと」や予想外の「トラブル」に見舞われて
かつ仕事に比べて
コントロールが全く効かない(笑)

世の中にはこんなアンケートや意見もあります。

新米パパエンジニアが語る。仕事より育児の方が断然大変

子育て開始時には


「エンジニアって大変な仕事を曲りなりにも経験してきた自分なら
 子育てなんて余裕でしょ
 見事なタスク管理術を見せてやるぜ」


とイキがっていました。妻よ、本当にごめんなさい...。

FacebookやTwitterやInstagramなど
世の中のどんなサービスをプログラミングするよりも
子育ての方が大変なんでしょう。(FacebookやTwitterを作ったことはないですが)

そんな大変な子育てを、世の中のママ・パパは皆やっているのかと考えると
溢れんばかりの尊敬の意で満たされそうになります。



このままの大変な状況では、我が家は夫婦共に疲弊してしまう・・・

根本的な解決をしなければならないと思い、ゆっくり考えてみました。

そこで出会ったのがこれ

「トヨタのカンバン方式」

トヨタ生産方式では、「かんばん方式」という独創的な生産管理方式が重要な役割を果たしています。
「かんばん方式」は、かつて「スーパーマーケット方式」ともいわれ、まさにスーパーマーケットからヒントを得て考案されました。スーパーマーケットや量販店では、商品名、品番、置き場所など、商品に関する情報が記載されている商品管理用のカードが使われています。これをトヨタでは「かんばん」と称し、生産管理の工程に道具として使用したことから、「かんばん方式」と呼ばれるようになりました。トヨタ自動車では、後工程が前工程に部品を調達しに行く際に、何が使われたかを相手に伝える道具として、「かんばん」を利用しています。

長ったらしくてよう分からん!
私なりの解釈で簡単にいうと

・「すべきこと」をアナログで見える化して
・「必要なものを」「必要なときに」「必要なだけ」生産しよう

というルールです

↓運用方法はこんな感じ↓

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

よしやパパ

とある会社でエンジニアをしているパパです。
同じ年の妻ともうすぐ1歳になる息子と1匹の猫と都内に住んでます。
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. エンジニアの僕が子育てで「トヨタのカンバン方式」をやってみた結果