1. >
  2. >
  3. >
  4. 腸閉塞・腸重積~子どもの病気~

腸閉塞・腸重積~子どもの病気~

腸閉塞・腸重積~子どもの病気~のタイトル画像

腸閉塞とは腸の一部が狭くなり食べ物が流れなくなる状態のことです。腸重積は腸閉塞の原因となる疾患の1つで、腸の一部が腸の中にもぐり込む病気です。腸閉塞は緊急性が高いため、症状について知っておきましょう。

腸閉塞とは何か?主な原因と症状について

腸閉塞はイレウスとも呼ばれており、何らかの原因によって腸の一部が狭くなり、腸の内容物が流れなくなる状態のことを言います。腸閉塞を起こす年齢は乳幼児が多いですが、小学生以降の子どもに見られることもあります。腸閉塞は大きく分けて、消化器官の先天的な異常や腸の疾患などにより腸が物理的に狭くなってしまう機械的腸閉塞と、腸の動きが悪くなるために腸の内容物が流れなくなる機能的腸閉塞があります。また、腸閉塞の主な症状としては、嘔吐、激しい腹痛、おなかが膨れるなどが挙げられます。

出生直後の腸閉塞は先天的な疾患が原因

生後すぐに腸閉塞を発症する場合は、先天的に食道や腸の一部が狭くなっていたり途切れていたりする「先天性食道閉鎖」「先天性十二指腸閉鎖・狭窄」「先天性小腸閉鎖・狭窄」や、先天的に腸の細胞に異常が見られる「ヒルシュスプルング病」などの先天性の病気が原因です。先天性の腸閉塞があると、出生直後から嘔吐などの症状が現われるため、出生した病院で発見されることがほとんどです。また、最近は出生前に診断されるケースがも増えてきています。先天的な腸閉塞がある場合は手術が行われます。

出生後すぐの発症ではない腸閉塞

出生後すぐの発症ではない腸閉塞には、壊死性腸炎や腸重積などの消化器系疾患が原因である場合や、腸の運動機能が低下して腸の内容物を正常に送ることができない機能的腸閉塞があります。主な症状は、激しい腹痛、嘔吐、腹部の膨張などです。腹痛は強い痛みと痛みが和らぐことを繰り返します。腸閉塞は緊急性を要しますが、嘔吐や腹痛を伴う病気は他にもいろいろあるため、家庭で判断するのは難しくなります。したがって、いつもと違う様子が見られたら早めに受診することが大切です。

2歳以下の子どもの腸閉塞の多くは腸重積

腸重積はほとんどが2歳以下の乳幼児に発症します。腸重積は腸の中に腸の一部がはまり込む病気で、内容物が流れなくなるだけでなく、腸から出血したり、血液が流れなくなり腸の組織が壊死したりすることもあります。そのため、できるだけ早くはまり込んだ腸を元に戻さなければなりません。発症から24時間以上経過すると、開腹手術が必要となるので注意が必要です。腸重積の三大症状は、腹痛・嘔吐・粘血便です。2~3歳以下の子どもに、20分間隔くらいで激しく泣く、嘔吐、粘血便などの症状が見られた場合は腸重積を疑います。

外科手術が必要な場合も。腸重積の治療法

腸重積が疑われる場合は、造影剤を使用した腹部の超音波検査などを行い、腸の重なりが確認されると腸重積と診断されます。発症から24時間以内の場合は、肛門から造影剤や空気を注入して圧を加え、はまりこんだ腸を押し出す処置が行われます。発症から24時間以内に処置を開始した子どもの8割はこの方法で回復します。しかし、発症から24時間以上経過している場合や、圧を加えてもはまりこんだ腸が元に戻らないような場合には、痛んだ部分を切り取り、正常な腸をくっつける外科手術が必要となります。

腸閉塞・腸重積~子どもの病気~の画像2

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 小児科 病院

この記事を書いた人

さちえ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 腸閉塞・腸重積~子どもの病気~