1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 夫婦円満のため、夫が妻にするべきたった1つの質問とは・・?

夫婦円満のため、夫が妻にするべきたった1つの質問とは・・?

夫婦円満のため、夫が妻にするべきたった1つの質問とは・・?のタイトル画像

育児が始まると、それまでの関係が変わってしまう夫婦も少なくないはずです。ママは育児に目まぐるしい日々を送り、 パパは家族も増えたことにより、それまで以上に仕事を頑張る…。忙しい毎日の中、夫婦の仲はどうでしょうか?日々のちょっとした会話や気遣いが、育児に疲れた奥さまを癒します。ご主人に読んでもらいたい、夫婦円満のちょっとした秘訣をお伝えします。

幸せな家庭は仲良し夫婦がつくる

パパママが仲良しだと、自然と円満な家庭ができあがるものだと思います。子どもは常に両親をみています。パパがママを、ママがパパを大切にし、互いを敬えば、子どももきっと家族を大切に思う子に育つはずです。

でも実際のところ、子どもが生まれてからはなかなか夫婦の時間は持てず、育児に追われて夫婦のことは後回しになるご家庭も少なくないのではないでしょうか。子どもがまだ小さいうちは、子どものお世話に多くの時間がとられるので、仕方ない面もありますよね。でも、ちょっとしたお互いの気遣いで、夫婦はいつまでも仲良くいられると思います。

では、そのちょっとした『気遣い』とは、どんなものでしょうか?

「今日はどうだった?」そんな一言が大事

パパにお願いしたいこととしてまず提案したいのは、夫婦の会話を大切にしてもらいたいということです。

長く一緒にいれば、話さなくても通じている、伝わっている、そう思っていませんか?そんなことは決してありません。いつの時も会話は絶対に必要不可欠なものです。子どもに付きっきりのママは特にコミュニケーション不足になりがちです。

お仕事から帰ってお疲れのパパも多いかと思いますが、「今日は一日どうだった?」そんな一言でも掛けてもらえるとママは嬉しいものです。

ママは孤独を感じやすい

子どもが生まれるまでは働いていた女性が、出産育児を機に退職し家庭に入って育児に専念する場合、それまでとは全く違う「子どもと過ごす日常」が生活の中心になってきて、大人と会話をするのはパパだけというような状況に変化します。

パパが働いている間、育児の手助けをしてくれる身内が近くにいなかったりすると、ママは子どもにかかりっきりになり、息が詰まってしまうのです。

それまで社会で働いていた女性が、育児を開始し子ども中心の毎日を過ごす中で、社会から切り離されたような感覚に陥ることはよくあります。なぜか孤独を感じてしまう…。

その理由は、子ども中心の生活は人とのコミュニケーションを自然と減らしていくものだからです。

夫婦で楽しめる二人の時間を

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

RiKemama

5歳、2歳の男の子二人を育児中!
長男が言葉が遅く、現在療育を受けながら幼稚園に通っています。
育児中のため、現在は恋愛ゲームシナリオライターとしてフリーラ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 夫婦円満のため、夫が妻にするべきたった1つの質問とは・・?