1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 専業主婦も使っていい!我が家のベビーシッター利用方法

専業主婦も使っていい!我が家のベビーシッター利用方法

専業主婦も使っていい!我が家のベビーシッター利用方法のタイトル画像

兄妹を病院に連れて行く時や自分の体調が悪い時、また、子どもを連れて行くのが大変な冠婚葬祭…。こんな時、子どもを誰に預けたら良いか悩んだことはありませんか?1人で頑張ろうとせず、もっとまわりの人に頼っていいんですよ。


身近に子どもを預かってくれる人はいますか?

我が家は、夫婦とも実家から離れて暮らしているので、身内にはすぐに預けられません。そのため、ヘルパーさんの産後シッター期間終了後も契約を延長し、子どものお世話などをお願いしました。

専業主婦も使っていい!我が家のベビーシッター利用方法の画像1

子どもを預かってもらえるところを見つけておこう

保育園の一時預かりや相互ボランティア、他にも自治体が子ども預かり事業を行っている場合もあります。預ける理由によっては利用できない時もあるので、あらかじめ複数の施設に登録しておくと良いでしょう。

ご近所さんにお願い

「困った時はお互いさま」の気持ちで、近所のお友達の家に預けるのも良いですね。でも、帰宅時間がよめない時や、相手にも小さなお子さんがいらっしゃる場合は、ちょっと頼みづらい気持ちもあるかもしれません。日頃からお互いに声をかけあったり、ちょっと話をしてみると、いざ困った時にお願いしやすくなりますね。

1人きりで頑張る必要はない!

この記事を書いた人
荒木まち子の画像
荒木まち子

ブログ漫画「先生、ありがとう。~母と娘の漫画日記~」で、お世話になった方々への感謝の気持ちを描いています^^
でこぼこしていて可愛くて、そのカラフルな色に癒さ...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 専業主婦も使っていい!我が家のベビーシッター利用方法