1. >
  2. >
  3. >
  4. 「苦手なこと」と「得意なこと」、どっちを伸ばすのがいいの?

「苦手なこと」と「得意なこと」、どっちを伸ばすのがいいの?

「苦手なこと」と「得意なこと」、どっちを伸ばすのがいいの?のタイトル画像

自閉症の息子の療育について、最近思うことがあります。それは、苦手なこと、不得意なことを底上げすることと、得意なこと、興味があることを伸ばしてあげること、どちらを優先すべきなのか、ということです。2歳からいろいろな方針の早期療育に取り組んできた自分が今思うことや、自分の考え方を方向付けることになった、あるブログとの出逢いについてお伝えします。

苦手なことと得意なこと、どっちを伸ばす?

苦手なこと・不得意なことを底上げすることと、得意なこと・興味があることを伸ばしてあげることどちらを優先すべきなのか、ということについて、考えることがあります。結論から言うと、「どちらも大事」ということになると思うのですが。

今年4歳になる自閉症のある長男を育てていて思うようになったのは、そのさじ加減が難しいな、ということです。

長男は2歳のときに、自閉症スペクトラムの診断を受けました。そのときからずっとお世話になっている大学病院の先生は、「得意なこと、興味のあることを伸ばしてあげたいですね。」という方針で、「興味のないことは、無理強いしてまでやらせる必要はない」(もしくはそこにあまり有効性を感じておられない)というお考えです。

(もちろん、先生のお考えでも、苦手なことをまったくやらなくていいということではなくて、優先順位としてのことだと思います。)

「不得手なスキルをボトムアップしていく」という考え方

診断後、長男に早期療育を!!といろいろ探し回った挙句、2歳代で市内で受けられる療育はほぼないとわかったとき、ある療育の保護者勉強会を見つけて、入会しました。

その会の主だった方針は、就学前の時期は子どもの最も伸びる時期であるので、その時期を逃さず、不得手なスキルをボトムアップしていく、というようなものでした。

それは全くその通りで、障害を持つ子ども達にとってそういったスキルを伸ばしてあげることは、大切なことがと思っています。
そして、自分の中では療育ってずっと、そういうものだって思っていました。

長男に対して、苦手部分をどこまで底上げできるか、「障害」の部分をいかに少なく、より本人が生きやすくなる手助けができるかを考えていたんです。ところが、最近ある方のブログとの出逢いがあり、療育や子育てについて、もうひとつ別の視点を与えていただくことになったのです。

得意なこと、好きなことを伸ばすことの大切さ

先日、「うちの子流~発達障害と生きる」というブログの記事を読んでから、「得意なこと、好きなことを伸ばすことの大切さ」 を感じるようになりました。

ブロガーのなないおさんの息子さんは、小学校2年生。自閉症スペクトラムで、支援学級に在籍されています。幼児期、言葉を話すよりも先に、数字に興味を持った息子さん。息子さんが3~4歳のころに、お母さまが「人間の髪の毛は一日に100本くらい抜ける」という話をしたら、息子さんは次の日には「髪の毛は15分に1本抜ける」と言って来られたそうです。

そんな息子さんが4歳のころ、なないおさんは数学オリンピックというものがあると知り。ご本人も、「ぼく、きんめだるとりたい!」と。

そして、なんとなんと、今年の算数オリンピックで金メダル、そして長尾賞という特別賞にも輝いたそうです。(これはとってもとってもすごいことのようです!!!!)

私は、その成績のすばらしさもさることながら、お母さまの以下のコメントに心を打たれました。

以下、なないおさんのブログ記事うちの子流な学習記録 算数オリンピック 2015 表彰式 からの抜粋です。

自閉症スペクトラム障害を持ち、苦手なこともたくさん抱えた息子。

情緒の特別支援学級に通っています。

でも、好きなことに向けてこつこつがんばる力は人一倍の集中力を持っています。

数検や算数オリンピックを息子に勧めたのも、苦手なことが多く不安も強い息子に

得意なことをなにか形にすることによって自信をつけてほしかったからです。

息子はしゃべりだす前から数に強い興味を示し、教えれば教えるだけ吸収し、幼稚園でも一日中自分の疑問に思ったことを考えたり計算していました。

書くことに苦手を持っていても、算数の問題を解くために字を一生懸命書く練習をしました。

かなり上の学年の文章題は意味がわからないので国語力をつけるために本もたくさん読みました。

算数への強い興味が息子の苦手を少しずつ引き上げてくれています。

得意なこと・好きなことが、苦手なことをを引き上げてくれる

私は、今まで 「得意なこと、好きなことを伸ばすことが、苦手なことをを引き上げてくれることにもなる」 という話を聞いたことはあったのですが具体的なイメージが持てず、なんとなく「そりゃ理想はそうだけどね、現実はそんなにうまくいかないんじゃないかなぁ…。」って思ってたんです。

でも、この記事をみて、「得意なこと、好きなことを伸ばすことが、苦手なことをを引き上げてくれることにもなる」って、そういうことか!!と思いました。そして、この息子さんのがんばりと、「好きなことを伸ばす」という姿勢でサポートされてきたお母さまの姿勢に、ものすごく、感動したんです。

それは、すべての人に当てはまること。

関連する記事

この記事に関するキーワード

個性と自己肯定感 個性・多様性

この記事を書いた人

あめのちはれ

はじめまして。あめのちはれと申します。

我が家は4人家族。

長男ハル、4歳。自閉症スペクトラム。

次男ヒロ、2歳。今のところ定型発達。
(あ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「苦手なこと」と「得意なこと」、どっちを伸ばすのがいいの?