1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 夏に流行する感染症~気をつけたい子どもの病気を知ろう~

夏に流行する感染症~気をつけたい子どもの病気を知ろう~

夏に流行する感染症~気をつけたい子どもの病気を知ろう~のタイトル画像

子どもに流行する感染症には季節によっても変化があります。夏場になると、ウイルスが原因の感染症が多くみられるようになります。ここでは夏に多い感染症の代表的なものについて解説していきます。

高熱と喉の痛みが特徴のヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは、コクサッキーA群ウイルスが原因の夏かぜのひとつで、高い熱とともに、のどの粘膜に水疱が多数できます。熱は1~3日ほどで下がりますが、水疱が破れると潰瘍となり痛みをともなうため、食べたり飲んだりしづらくなることから食欲の低下が見られます。特別な検査はなく、流行時期に口内に症状があれば診断されます。高熱が出るため、脱水症状をおこさないよう、こまめに水分補給をしましょう。また、のどにしみる食べ物を避け、豆腐やヨーグルト、アイスクリームなど、のど越しのよいものを食べさせてあげましょう。

プールで感染が拡大するプール熱

プール熱はアデノウイルスが原因となって感染する咽頭炎と結膜炎で、39度を超えるような高熱とともに、のどの痛みや腫れ、目の充血の症状がみられます。夏にプールで感染することが多いためプール熱と呼ばれていますが、プールに入らなくても感染します。眼球結膜や咽頭の中のウイルスを検出するキットの結果によって診断されます。水分補給をしっかりし、のどにやさしい食事をあたえるなど家庭での対症療法をとります。登園・登校時期については医師への相談が必要です。

夏に流行する感染症~気をつけたい子どもの病気を知ろう~の画像1

乳幼児を中心に流行する手足口病

コクサッキーウイルス、エンテロウイルスなど数種のウイルスが原因の手足口病は、夏かぜのひとつで、発熱とともに口内の粘膜や手足、おしりなどに水疱性の発疹がみられるのが特徴です。熱は2~3日、発疹も4~6日ほどでおさまり、自然に治る場合が多いですが、口内の発疹によって痛みが生じることから、食欲が低下することがあります。また手足の発疹はかゆみをともなう場合があります。脱水症状にならないよう、家庭でのケアは水分補給を十分に行い、のどにやさしいものを食べさせましょう。

夏の感染症を予防するためにできること

夏の感染症を予防するためには、家庭内での取り組みや衛生管理によって、再発や周囲への感染の拡大を食い止めることが重要です。夏の感染症が疑われる症状が出た時には、すぐに受診し医師の適切な指示を受けましょう。家庭では、食事前やトイレのあとには手洗いをすること、プールの前後には洗眼やシャワーを忘れずにすることなどのほか、規則正しい生活、クーラーの使い過ぎ注意、栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠などを心がけ、夏場の体力維持を図ることでウイルスに対する免疫力を備えることが大切です。

夏に流行する感染症~気をつけたい子どもの病気を知ろう~の画像2

免疫力を高めよう!夏バテ防止策

気温が高く寝苦しい、食欲が低下するなどの夏場は、大人ばかりでなく子どもも夏バテの心配があります。夏バテ防止のためにとクーラーの効いた快適な室内で過ごすことはかえって免疫力を低下させ、結局は夏かぜにかかりやすくなってしまうという可能性があります。免疫力を高めるには、夏の暑い季節にきちんと汗をかき、本来人の体がもっている体温調整の機能をしっかり働かせることが大切です。熱中症への対策はもちろん欠かせませんが、子どものうちに汗の季節には汗をかける体を作ることが、免疫力を高めるためにはとても重要です。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

あさこ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 夏に流行する感染症~気をつけたい子どもの病気を知ろう~