1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. りんご病が大人にうつるとどうなる?子どもより重症化することも・・・!

りんご病が大人にうつるとどうなる?子どもより重症化することも・・・!

りんご病が大人にうつるとどうなる?子どもより重症化することも・・・!のタイトル画像

我が家の子ども達3人が次々とりんご病にかかり、看病も終了してホッと一息ついた頃…今度はママが体調を崩しました。大人がりんご病にかかった場合、子どもより症状が重くなることがあるので、充分な注意と予防が必要です!

子ども3人がりんご病にかかった少し後の話です

我が家の子どもが3人、次々とりんご病を発症しました。症状は軽くて、ほっぺが赤くてかわいいな程度で済んで良かったねぇなどと言っておりました。しかしその2週間後ぐらいでしょうか、今度は私が体調不良になりました。

りんご病が大人にうつるとどうなる?子どもより重症化することも・・・!の画像1

大人と子どもで違う?りんご病の症状

成人がかかると重症化しやすい病気は色々ありますが、りんご病もその1つです。子どもがかかった場合は比較的軽く済むことが多く、うちの子達も頬が赤くて可愛い、と言える程度で、熱すら出ませんでした。一般的な症状は以下の通りです。

始めに頬が赤くなり、手足にレースカーテンのような「紅斑」という赤い発疹が出て、時に体中に広がります。赤みは約1週間で一度消えますが、その後も紅斑が出たり消えたりする症状が3~4週間程度続きます。

そして大人のりんご病ですが…

成人がりんご病に感染した場合、頬は赤くならず手足だけに発疹が出る場合があります。発疹の症状も子供より長く、3週間続くこともあります。発熱や関節痛、全身倦怠感を伴い、子供に比べると重症化することが多いのが特徴。関節痛のために1~2日は歩けないこともあります。

私の場合、見事にこの文章通りでした。とにかく関節痛がツラくてツラくて、歩く姿はまるで立っちできるようになったばかりの赤ちゃんのよう。足腰がプルプルしていました。今思うとかなり笑えますが、この時は本当に歩くのも携帯電話を持つのもキツかったです。

大人の半数はりんご病に免疫を持っていて発症しない…が!

大人は、半数の人はりんご病にたいする免疫を持っています。ということは、あと半数は発症するわけですね。私も典型的な「大人のりんご病」の症状が出ました。特に関節炎がひどかったです。

これが想像を絶するというか…関節という関節が痛いのですが、指の関節まで痛むのです。普段、生理痛などで処方してもらうよく効く
はずの痛み止めすらも効かなかったです。

家事をするにも全ての関節に痛みがはしり、ほぼ何も出来ない日が10日も続きました!当時夏休みだったのですが、子ども達に「ママ動けないから手伝えることは出来るだけ手伝って欲しい」とお願いしたぐらいです。でも、子ども達は6歳、3歳、2歳…それはもう家の中はすさまじい状態になっていきました!痛みが無くなって家事が出来るようになってからも、しばらく体調はすぐれませんでしたね。

子どものうちにかかった方が良いと言われる病気に、成人してからかかるとこんなにも重症化するのか!と身をもって知りました。発症した瞬間、蕁麻疹もすごい勢いで腕に広がっていきました。あまりの勢いにパパもビックリ、すぐに病院へ行くよう促されました。

妊婦さんは要注意!

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 りんご病(伝染性紅斑)

この記事を書いた人

ゆたかちひろ

4年生男子、1年生女子、幼稚園年中女子の
3児の母で、漫画家・イラストレーターやってます
育児で疲れてるときでもクスッと笑って貰える
漫画が描けたらと思っ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. りんご病が大人にうつるとどうなる?子どもより重症化することも・・・!