1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 感染症~子どもの病気~

感染症~子どもの病気~

感染症~子どもの病気~のタイトル画像

感染症はウイルスや細菌が体内に侵入することで発熱などを引き起こすもので、子どもがかかる病気にも多くの感染症が存在します。ここでは子どもがかかりやすいとされる感染症についてご紹介します。

上気道のウイルス感染「風邪症候群」

上気道(鼻腔・咽頭・喉頭)の粘膜にウイルスが感染することで急性の炎症を起こす疾患を、「風邪症候群」といいます。くしゃみやせき、鼻水、鼻詰まり、のどの痛みや発熱など、症状はさまざまです。流行性の場合が多く、風邪をひいた人のくしゃみや咳により飛び散ったウイルスがほかの人の上気道粘膜に付着し、増殖することで感染します。赤ちゃんは母親からの免疫が切れる6ヵ月くらいから風邪をひきやすくなります。こまめな水分補給をしながら様子を見ましょう。熱が高くなったり、咳が激しい場合は早めの受診をおすすめします。

感染症~子どもの病気~の画像1

高熱に注意!乳児に多い「突発性発疹」

突然発熱し、39度近くの高熱が3~4日続いたあと、解熱後約24時間以内に赤みのある発疹がお腹のあたりに現れる病気です。3ヵ月~1歳頃の赤ちゃんによくみられ、初めての発熱になるケースが多いでしょう。発疹は全身に広がりますが、2~3日で消えることがほとんどです。ヒトヘルペスウイルス6というウイルスによるもので、流行性ではありません。高熱の割に機嫌が良いことが特徴で、食欲もそれほど落ちないことが多いようです。発疹が出るまで診断ができないため、受診後は水分補給をしっかりしながら家庭で様子をみましょう。

あなどらないで!「インフルエンザ」

インフルエンザウイルスが上気道(鼻腔・咽頭・喉頭)の粘膜に感染して発症する流行性で感染力の強い病気です。流行のほとんどが冬から春の時期にみられます。1~2日ほどの潜伏期間ののち、突然の高熱や悪寒から発症することが多く、風邪よりも体力の消耗が激しいのが特徴です。生後6ヵ月以降からかかりやすく、医療機関での検査によって診断されます。乳幼児の場合、合併症として肺炎や脳症を起こすことがあり、死に至る危険性もあります。解熱剤や抗ウイルス薬などの適切な処置を受け、家庭での保温・水分補給をしっかり行うことが必要です。

幼児に多く見られる「溶連菌感染症」

溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌による感染症で、2歳以降に多い病気です。おもにのどに感染して、39度近くの高熱とともに咽頭炎や扁桃炎を起こします。強いのどの痛みを訴えるほか、目の充血や舌が赤みを帯びる症状が見られる場合も。また、赤い発疹を伴う「猩紅熱(しょうこうねつ)」を起こすことがあります。のどの分泌物より検査して診断します。熱や発疹は数日でおさまりますが、10日ほどは抗生物質を服用して、再発からの腎炎やリウマチ熱を防ぎます。感染性のため家族にうつることがあります。登園は医師の許可が下りてからにしましょう。

その他にもある!いろいろな感染症

伝染力が強く合併症も多い感染症のひとつに、「麻疹(はしか)」があります。麻疹ウイルスが原因で感染し、小児がかかる急性疾患の中では重症度の高いものです。「日本脳炎」は発熱や頭痛から意識障害へと進み、死亡率の高い感染症です。また、嘔吐や下痢、発熱をともない、家族感染に注意が必要な疾患に「ノロウイルス」、「ロタウイルス」があります。秋から春にかけてが特に流行する季節です。夏に多い感染症には、口内炎や手足の発疹をともなう「手足口病」、咽頭炎と結膜炎、発熱をともなう「プール熱(咽頭結膜熱)」があります。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

あさこ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 感染症~子どもの病気~