1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊婦さん必見!インフルエンザワクチンは2種類あるって知ってる?

妊婦さん必見!インフルエンザワクチンは2種類あるって知ってる?

妊婦さん必見!インフルエンザワクチンは2種類あるって知ってる?のタイトル画像

最近、寒くなってきましたね。インフルエンザの流行が気になります。そこでワクチンを打とう、と病院に行きたいところですが・・・妊娠しているときに使う薬や、自分の子どもに使う薬は、中身について気になりますよね。インフルエンザワクチンには防腐剤が使われているものもあります。私が妊娠中に気をつけていたことをお伝えします。

妊娠中もインフルエンザワクチン注射したほうがいいの?

妊娠中の薬の使用は悩みますよね。できれば薬は使わないと言われてるのに、ワクチン注射は大丈夫なの?

多くの産科医が、インフルエンザワクチン接種を推奨しています。理由としては、妊娠中は免疫力が低下し感染症にかかりやすいこと、罹患したときの治療薬の安全性が確立されていないこと、妊娠時は重篤化しやすいことが挙げられています。

また、インフルエンザワクチンは不活化ワクチンといって、死んだウイルスを使用して作られているので毒性はありません。そのため妊娠中に予防接種をしても母体にも胎児にも影響は極めて低いとされています。

接種時期について、妊娠期間中いつでもよいとされていますが、医師によっては安定期に入ってからをすすめる場合もあります。

インフルエンザワクチンには水銀が入ってるのもある?!

水銀?と驚くかもしれませんが、防腐剤として有機水銀(チメロサール)が入っているものがあります。というよりは、ほとんどの病院で取り扱っているのは、このチメロサール入りだと思われます。理由としては、チメロサール無添加のワクチンは生産量が少なく限りがあるためだとか。

実際産科小児科に問い合わせをしても、チメロサール入りを使用しているところもありました。チメロサールは、妊婦にも小児にも問題がないとされています。ただ、妊娠中はどんな薬でも気になるもの。どちらを選ぶか、担当医と相談してみてもよいと思います。

ちなみに、チメロサールありなしで接種料金に違いがあることもあります。普段取り扱っていない病院でも、お願いすれば取り寄せてくれることもあるようです。

ワクチン接種以外にも予防に心がけよう!

普段の行為として、人ごみになるべく行かないようにする、マスクをする、うがい、手洗いを徹底するなど心がけましょう。免疫力を低下させないように、睡眠時間の確保も大切です。疲れはため込まないように。

とはいえ二人目ママさんだと、なかなか休息がとれなかったり、お子さんが保育園や学校から持ってくることもありますので家族でワクチン接種をするのも必要なことかもしれませんね。

インフルエンザワクチン接種後、抵抗力がつくまでに2週間~4週間程度かかります。効果が持続する期間は約5ヶ月~6ヶ月間とされています。

流行する期間が一般的に1~3月といわれていますが、今年はもっと早くから流行するのではないかとも言われていますのでその前の10月から11月までの早めに接種を受けるのがよいでしょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ふもにゃん

2歳になる女の子のママです。
妊娠中に夫の転勤で東京に来ました。
見知らぬ土地で、知り合いもいない中の初めての育児で経験したこと学んだことをお伝えできればと...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊婦さん必見!インフルエンザワクチンは2種類あるって知ってる?