1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. どうかわたしを忘れないで・・幼子を遺して逝く母親が、娘に宛てた1冊の絵本

どうかわたしを忘れないで・・幼子を遺して逝く母親が、娘に宛てた1冊の絵本

どうかわたしを忘れないで・・幼子を遺して逝く母親が、娘に宛てた1冊の絵本のタイトル画像

1冊の絵本をご紹介します。これから母になろうとする人、母になったばかりの人、子育て真っ只中の人、子どもが巣立つ寂しさを感じている人、そして子どもであったすべての人へ。温かい涙を誘う珠玉の1冊です。

目次 私の妹は40歳でこの世を去りました。
『ちいさなあなたへ』
亡くなったママへの思い
小学4年生、夏休みの感想文

私の妹は40歳でこの世を去りました。

シングルマザーだった私の妹は、5歳の女の子を遺して…。妹は、癌でした。このとき5歳だった女の子は、私たち夫婦が引き取って育てており、今はもう11歳です。

これからご紹介する本は、妹が娘に遺したものの1つです。いつ購入したのかは知りません。

娘が5歳の誕生日を迎えようとする時、妹は、余命ひと月の宣告を受け、自宅での緩和ケアに入りました。

介護用ベッドのヘッドボードに背をもたれさせ、隣に小さな娘を座らせて、幾度となくこの本を開いていました。

でも、当時まだ幼かった娘は絵にも内容にも全く興味を示さず、ママが優しく読み進めているのを、先走るようにページをめくっては、「ああっ、もうっ」とママに軽くキレられていて、私は、いつもそれを少し笑って見ていました。

『ちいさなあなたへ』

「ちいさなあなたへ」

文:アリスン・マギー
絵:ピーター・レイノルズ
訳:なかがわ ちひろ



あのひ、
わたしは あなたの ちいさな ゆびをかぞえ、
その いっぽん いっぽんに キスをした。


はじめて ゆきがふった ひ、
そらへ むけて だきあげた 
あなたの まあるい ほっぺのうえで、
ゆきがとけていった。


みちをわたるとき、
あなたはいつも 
わたしの てに しがみついてきた。


いつのまにやら
あなたは おおきくなって
わたしの あかちゃんは、
わたしの こどもになった

<…中略…>

やがて、せいいっぱい 
てを ふりながら 
しだいに とおざかっていく 
あなたを みおくる ひがやってくる。


あなたは ふりかえり、
あんなに おおきかったいえが 
とてもちっぽけに みえることに 
おどろくだろう。


いつか あなたも 
たくましくなった そのせなかに 
ちいさなおもさを 
せおうときが くるかもしれない。


わたしの まえで 
こどものやわらかな かみのけを 
とかすのかもしれない。

そうしていつか
ながい としつきの はてには、
あなたじしんの かみも 
ぎんいろにかがやく ひが
やってくる。


わたしの いとしいこ。 
そのときには、
どうか わたしのことを おもいだして。

赤ちゃんだったあなたは、子どもになって、成長して、そしていつしか巣立っていく。

やがてあなたは子どもを持ち、親になるのかもしれない。

それから長い年月が経ち、あなたが年老いた頃。わたしはきっともうこの世にはいないけれど

その時にはどうか、わたしを思い出して。

亡くなったママへの思い

どうかわたしを忘れないで・・幼子を遺して逝く母親が、娘に宛てた1冊の絵本の画像1

小学4年生の夏休み。宿題の読書感想文に、妹が遺した子が選んだのはこの本でした。

つたないとはいえ、ママの気持ちをしっかりと受け取っている言葉がそこに綴られており、とてもいい作品になっていました。

幼くしか見えない姿の内側で、彼女は色んなことを感じているのでしょう。

あの日、ママ(実母)が娘に伝えたかったこと。遺す娘への望み。きっと彼女は受け取れているのだと思います。

小学4年生、夏休みの感想文

娘が小学4年生の時に書いた、夏休みの感想文をご紹介します。


【ちいさなあなたへ】


『母のやさしさと、子どものじんせいに感じさせてくれる本です。
 私のいちばんすきなところは「いつか あなたも たくましくなった そのせなかに ちいさなおもさを せおうときが くるかもしれない。」というところです。

 誰かとけっこんして 子どもをうんでから 愛をあげて せなかにのせるとき 小さないのちを ささえていると思ったからです。

 この本の感想は いやなときがあっても くじけないで 強くがんばって育ってね。という 味意(いみ)だと思います。』

どうかわたしを忘れないで・・幼子を遺して逝く母親が、娘に宛てた1冊の絵本の画像2

あなたはどんなことにもくじけない、強い子になるよ。きっとなるよ。

それから。

「いみ」の漢字は、「味意」じゃなくて「意味」でね。

今、子育てをしている人、そしてかつて子どもだったすべての人に、読んでほしい絵本です。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 絵本 室内遊び 子どもの遊び 遊び・教育

この記事を書いた人

シェリナナ

シェリナナです。娘、レン11歳。愛着障害、ADHDの診断有りという、アラフィフには過酷な子育てに奮闘中。幼いころの娘を思い出しつつご紹介する、やってよかったこと...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. どうかわたしを忘れないで・・幼子を遺して逝く母親が、娘に宛てた1冊の絵本