1. >
  2. >
  3. >
  4. アレルギー~子どもの病気~

アレルギー~子どもの病気~

アレルギー~子どもの病気~のタイトル画像

今の子どもの約半数は、何らかのアレルギーを持っているとも言われています。遺伝的なものだけでなく、環境的な要因もアレルギーの原因の1つです。そんなアレルギーの病気について紹介していきます。

食物アレルギーでは、原因の特定が大切

食物アレルギーとは、特定の食物を口にしたときに唇などがかゆくなったり、湿疹やじんましんが出たり、下痢や嘔吐を起こしたりする病気です。食物アレルギーがひどくなると、全身にじんましんが出たり、呼吸困難になったりする場合もあるため、注意が必要です。食物アレルギーは、原因となる食物を特定し除去することが大切です。医師の指示に従い、血液検査などの結果も踏まえながら、正しい除去食療法で食物アレルギーを防ぎましょう。

長い治療が大切なアトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、強いかゆみの湿疹が2か月以上身体の左右対称の場所に出る病気です。皮膚が乾燥していたり、敏感になっている状態のとき、汗や汚れなどの刺激が加わると起こります。ひじやひざの内側などの関節部分にできやすく、慢性化すると乾燥してカサカサになります。以前はアトピー性皮膚炎の治療には食事制限も取り入れられていましたが、現在ではあまり行われなくなっています。多くの場合はステロイド入り塗り薬を塗ることで治療を行います。

アレルギーには他にも様々なものがある?

アレルギー症状が出る病気は他にもさまざまなものがあります。気管支ぜんそくは、気管支のダニなどがアレルギーの原因となることで起きる病気で、酷くなると呼吸が困難になることもあります。アレルギー性鼻炎は、鼻の粘膜が花粉などに反応することで起こり、鼻水が出たり鼻が詰まる病気です。アレルギー性結膜炎は目やにや目のかゆみなどが起こります。どの病気も掃除や換気をこまめにし、アレルゲン(アレルギーの原因)を遠ざけるようにすることで症状が軽減されます。空気清浄機を使用することもおすすめです。

アレルギーの防止のために正しい知識を

アレルギーの防止方法やアレルギーの遺伝などに関することは、間違った考えが広まっている場合が多くあります。特に、アレルギーは遺伝的な病気と考えている人が多いようですが、実際は環境によって起こることが多い病気であるということが挙げられます。アレルギーの食事制限に関しても、妊娠中にママが食べた物は子どものアレルギーには関係ないことが分かっています。子どもに対する食事に関しても、過度な食事制限を行うより、食事のバランスに気を付けたり、食品添加物を取りすぎないようにすることの方が大切と言えるでしょう。

アレルギーの治療は早ければ早い方がいい?

アレルギーの治療は、アレルギーが判明してすぐに始めた方が効果が高く、体への負担も少ないことが分かっています。アレルギーに関する研究も進んでおり、以前は副作用が心配されていたステロイド剤も安全性が認められてきたため、一般的に使われるようになってきているほどです。また、ぜんそくなどでは、ぜんそくが起こってからの治療よりもどのようにぜんそくを起こさないようにするかという予防の方法が重視されるようになってきています。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

中井ゆうこ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. アレルギー~子どもの病気~