1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 場所見知りとは?いつまで続く?赤ちゃんの場所見知りの原因や対策!

場所見知りとは?いつまで続く?赤ちゃんの場所見知りの原因や対策!

場所見知りとは?いつまで続く?赤ちゃんの場所見知りの原因や対策!のタイトル画像

「家ではあんなに騒がしいのに外では別人!」「初めての場所ではいつも大泣きしてしまい大変」など、場所見知りっ子に悩んでいるママへ。私が専門家に言われたアドバイスや、このように対処したら場所慣れしたという経験談をご紹介します。

amiのアイコン ami

場所見知りとは一体何?


赤ちゃんは、おおよそ生後半年頃より人見知りが始まります。

特定の大人との愛着関係が育まれ、それ以外の人を見分けるようになる、大事な発達過程です。

それと同時に、初めて訪れる場所や、不慣れな場所に対して「場所見知り」をする場合もあります。


赤ちゃんが場所見知りする原因とは?


・見慣れない場所で不安

赤ちゃんは、生後4~5ヶ月ほどから、記憶力が育ちはじめます。

いつもいる場所とそうでない場所の区別もつきはじめるので、不慣れな場所に対して不安を感じることもあるでしょう。


・ママの緊張や不安が伝わっている

生後間もない赤ちゃんも、聴覚や視覚が発達しており、その場の雰囲気を感じます。

親が緊張や不安を感じていると、赤ちゃんがそれを感じとることも考えられます。

できるだけリラックスすることを心がけましょう。


・周囲が賑やかすぎる

普段から聞き慣れていない音にびっくりしているという可能性も。

最初は小さな音から、段々と外の世界の音に慣らしていくようにしましょう。


場所見知り対策法


・ビニール袋をガサガサする

赤ちゃんによって好きな音は異なりますが、ビニール袋のガサガサ音が好きな赤ちゃんは多いといわれています。

ほかにも掃除機やドライヤーの音、波の音など、赤ちゃんが好きといわれている音はありますが、ビニールなら外出先でも試しやすいでしょう。

決して誤飲しないように、遊んだ後は手の届かない場所に片づけてください。


・見たことのないおもちゃを渡す

新しいおもちゃで興味を引くと、気持ちが切り替えられるかもしれません。

初めての場所へ外出するときには、まだ使ったことがないおもちゃを用意しておくと良いでしょう。


・外に出るor外の景色を見せる

今いる環境から離れて、様子をみてみましょう。

外の空気や景色に触れると、落ち着くこともあるかもしれません。


場所見知りはいつまで続く?


人見知りが落ち着く子どもが多いといわれる、2歳頃まで様子をみましょう。

子どもによって個人差があるので、成長を焦らず見守りましょう。


この記事を書いた人
amiの画像
ami

趣味は読書。小さい頃は小説家になって海外移住することが夢だったが、小説が全く書けず挫折。それでも作文論文は得意だった。大学入試は英文科を目指していたものの、申し...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 場所見知りとは?いつまで続く?赤ちゃんの場所見知りの原因や対策!