1. >
  2. >
  3. >
  4. 今年も3週連続で増加中!?侮れない「RSウイルス感染症」が流行する前に予防しよう!

今年も3週連続で増加中!?侮れない「RSウイルス感染症」が流行する前に予防しよう!

今年も3週連続で増加中!?侮れない「RSウイルス感染症」が流行する前に予防しよう!のタイトル画像

去年、子どもがただの風邪ではなくRSウィルス感染症と診断され、初めて知った「RSウイルス感染症」という病気。今年も秋冬に流行しそうなので、RSウイルスについての知識を得て一緒に予防しましょう!

「RSウイルス」とは、どんな病気?

「RSウイルス」はそもそも、『Respiratory Syncytial』という医学用語で、日本語に訳すと『呼吸器合胞体』と言います。これだけ聞くと何のことかさっぱり分かりませんが簡単に言うと、

RSウイルス=呼吸器に感染するウイルス

のことで、主な感染経路は、くしゃみや咳による飛沫感染と接触感染です。

RSウイルス感染症は、3歳までにほとんどの人が一度は感染するとされると言われいるくらい身近な感染症ですが、インフルエンザのように誰でも病名を知っているわけではありません。それはなぜでしょうか?

実は、理由は症状と経過にあります。

RSウイルス感染症の一般的な症状は4つ。

・鼻水
・のどの痛み
・発熱
・咳 

感染して完治するまでの期間は、1週間ほど症状が続き自然に治ることが多いです。

つまり症状や経過をみても、「一般的な風邪」と区別がつきづらく、RSウイルスに感染したと気付かない人が多いのです。

私自身、去年子どもが風邪をひき病院に行った際お医者さんから「RSウイルスだね。」と診断されるまで、この病気の名前も聞いたことがありませんでした。

しかし、「全員がなるなら大した病気ではない」では済まないのが、「RSウイルス」のこわいところ。

RSウイルスに感染したことに気付けないことから、いつの間にか重症化していることがあるのです。

特に生まれて6カ月以内の赤ちゃんが感染すると重症化する確率が高くなり、「肺炎」や「気管支炎」などを引き起こす危険があります。

あまりに酷いと、入院が必要になることも・・・

感染しやすい時期や子どもの特徴は?

RSウイルスは、毎年10月~5月頃が感染しやすい時期とされていて、特に「10月~1月」がピークとされています。
まさに、今!が流行の始まりなのです。

RSウイルスは感染力が強く、インフルエンザと違って何度も感染するという事も特徴とされています。
家族の誰かが感染してしまうと家庭内での感染率は8割を超えるそう!!!
また、先ほど述べたように普通の風邪だと思いいつも通り生活をしていると、保育園で他の子に移してしまったり、逆に移されるということが起こり、集団生活の中で大流行します。

感染しやすい子の特徴もありました。

・兄弟姉妹がいる
・保育園や幼稚園に通っている
・赤ちゃん(免疫力が低いため)
・家族に喫煙者がいる(タバコの煙は、子供の気道を刺激するため、気道の状態を悪くし感染するリスクがあがる)
・男児である
・母乳保育期間が短い

きっと、大体の子どもたちが該当するはず・・・。

では一体どのように予防していけばいいのでしょうか?

押さえておきたい3つの予防ポイント!

感染力が強いRSウイルスですが、予防をしっかりすれば防げる病気です。
ここでは押さえておきたい3つの予防のポイントをご紹介します。

①手洗いを忘れずに

くしゃみや咳による飛沫感染や接触感染で広がるRSウイルスには、何より「手洗い」が一番効果的です。

せっけんで手を洗うと、汚れと一緒にウイルスや菌が泡で洗い流されます。手洗いは15秒上以、できれば30秒かけてせっけんなどでよく洗うのがおすすめ!手を洗った後はよく拭きましょう。

今年も3週連続で増加中!?侮れない「RSウイルス感染症」が流行する前に予防しよう!の画像1

②水分補給をしっかりする
十分な水分補給はのどの粘膜の繊毛運動を活発にして、ウイルスや細菌の体外への排出を助けます。
1度にたくさん飲ませるよりも、少しずつ数回にわけて飲ませましょう。

今年も3週連続で増加中!?侮れない「RSウイルス感染症」が流行する前に予防しよう!の画像2

③部屋の加湿
秋・冬になると屋外でも、室内でも暖房などで乾燥し、のどの粘膜が弱ってしまう要因がたくさんあります。加湿器の使用をおすすめします。

今年も3週連続で増加中!?侮れない「RSウイルス感染症」が流行する前に予防しよう!の画像3

いろんな感染症があって、全てに細かく対処することは現実的ではないかもしれません。

それでも、この3つは風邪など他の感染症の予防にもなるはずですから、一般的な対策と同じで、特別なことはしなくていいのです。

RSウイルスをはじめ、これからの季節は感染症が流行ります。
予防をしっかり行って、この秋・冬を乗り越えましょう!!!

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 健康管理

この記事を書いた人

あけみ

初めまして!2児のママあけみです。
“自分たちらしい家族を築くこと”をモットーに日々子育てに奮闘中!
皆さんと色々な情報を共有出来ればと思っています^^
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 今年も3週連続で増加中!?侮れない「RSウイルス感染症」が流行する前に予防しよう!