1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 育児中の実親にイライラ!おじいちゃん、おばあちゃんへの3つのお願い

育児中の実親にイライラ!おじいちゃん、おばあちゃんへの3つのお願い

育児中の実親にイライラ!おじいちゃん、おばあちゃんへの3つのお願いのタイトル画像

実の親だからこそぶつかってしまう育児への考え方や教育方針。そんなトラブルや悩みを我が家の実例と共にまとめてみました。「自分だけじゃなかったんだ」と気付ける人が増えますように・・・。そして、世のおじいちゃんおばあちゃんにお願いしたいことも最後の3つ、挙げてみました。「娘とどう育児について向き合ったらいいか?」と迷っている親世代にも参考になるかもしれません。

amiのアイコン ami

実の親だからこそ・・・。言葉や指摘内容がキツイ!

実の親は遠慮なくストレートに意見を言ってくれることが多いので、保健センターや支援センターの職員のように優しい言葉がけをしてくれません。「~しなきゃだめじゃないの!」「~しろ!」と、時に指摘の口調が厳しいことがあります。だからこそ余計イライラしてしまうこともあるのではないでしょうか?

また、育児に関する指摘内容も、ひと昔前の子育て思考をそのまま持ってこられたりして「うーん、今は違うんだけどなぁ」とモヤモヤ。言われる内容も「もっと野菜を食べさせない」「夜9時には寝かせなさい」「体調が悪そうだから早く病院に連れていきなさい」など確かに正論。だけどそんなに全部完璧にできない・・・とへこむこともしばしば。

育児経験がない実父からのダメ出しにイライラ!

自分を育ててくれた母からのお小言は渋々聞くことはできますが、イクメンという言葉すらなく育児経験ほぼゼロの父親からあれこれ言われると「じゃあ自分でやってみてよ!」と言いたくなります。実際、言ったところで「お前が親なんだから」と我が家の場合は言い返されるのみです・・・。

親の気分に左右される日々

気分が乗った時だけお風呂に入れてくれたり、お散歩に連れていってくれたり。手伝ってくれるのはいいのですが、こちらとしては生活リズムが崩れてしまい複雑な心境の時もあります。ある時は「じゃあ子どもを預かるわよ」と言ってくれたり、ある時は「えぇ~、この前大変だったんだよなぁ」など嫌がられたりと、預かってもらうのにも親の気分次第で左右される点も困りものです。

実親(おじいちゃんおばあちゃん)にお願いしたい3つのこと

1)温かく見守って下さい
ママも毎日頑張っています。自分の子どもですので出来ていない部分が目につきやすいと思いますが、口を出すよりぜひ手助けを多めにお願いします。

2)指摘は優しくお願いします
横で聞いている孫のためにも、厳しい口調は少し抑えてくれるとありがたいです。

3)これからもどうぞよろしくお願いします
喧嘩することもあるけれど、やっぱり血の繋がった親子ですから・・・。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ami

趣味は読書。小さい頃は小説家になって海外移住することが夢だったが、小説が全く書けず挫折。それでも作文論文は得意だった。大学入試は英文科を目指していたものの、申し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 育児中の実親にイライラ!おじいちゃん、おばあちゃんへの3つのお願い