1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもの呼吸器の病気について

子どもの呼吸器の病気について

子どもの呼吸器の病気についてのタイトル画像

鼻から肺までの呼吸に使う器官のことを呼吸器と言います。呼吸器の病気は、ウイルスなどの異物を含んだ空気が入ることで起こります。気を付けたい子どもの呼吸器の病気について知っておきましょう。

風邪にかかるとなりやすい気管支炎とは?

風邪になった後にかかることが多いのが気管支炎です。気管支が炎症を起こしている状態の病気で、はじめは乾いたコンコンという咳が出て、症状が進むにつれ痰(たん)が絡んだような湿った咳が出るようになります。咳が多く出る場合には咳を鎮めるような内服薬などが、細菌の感染も起こっている場合には加えて抗菌薬も処方されます。いずれにせよ、水分をきちんと摂取することが重要であり、水分が十分に取れない場合は入院の可能性もあります。

子どもの呼吸器の病気についての画像1

ウイルスが原因の肺炎の種類と対処法

肺の中まで炎症が広がった状態が肺炎と呼ばれます。肺炎にはウイルス性と細菌性があり、一般的には細菌性の方が重症化しやすく、ほとんどの場合入院となります。ウイルス性の肺炎は、アデノウイルスやインフルエンザウイルスなどが原因となって起こります。他にも高い熱が1週間ほど続き咳が出るマイコプラズマ肺炎や、新生児がかかりやすいクラミジア肺炎があります。ウイルス性肺炎やマイコプラズマ肺炎においては、症状が重くない場合は抗菌薬の服用と通院のみで治る場合も多いです。

咽頭や扁桃腺が腫れる病気の治療法は?

喉の奥である咽頭やその周りの扁桃腺が腫れて炎症を起こす病気が、急性咽頭炎や扁桃炎です。急性咽頭炎は風邪症候群のうちの1つで、ウイルスが原因で発症します。喉の奥が腫れて痛み食欲が減ることがあるので、ゼリーなどの喉ごしのいいものを食べさせるようにしましょう。扁桃炎は急に高熱が出るのが特徴で、扁桃に白っぽい膿が付いて、全身のだるさを感じることもあります。細菌が原因の扁桃炎は、抗菌薬を飲めば数日で熱が下がります。

犬の遠吠えのような咳が出るクループ症候群

風邪に似た症状から始まるクループ症候群は、声に関わる咽頭がむくむ病気であるため、少しずつ声がかすれてきます。その後、クループ症候群独特の犬の遠吠えのような「ケーン」といった咳や、その他変わった咳が出始めます。重症になると胸の部分がへこむ「陥没呼吸」と言われる呼吸も起こり、窒息に繋がる危険もある病気です。3か月の赤ちゃんから5歳くらいの子どもがかかりやすい病気で、家庭では湿度に気を付けて加湿器を使用したり、水分をこまめに摂って喉が乾燥しないように気を付けることが大切です。

先天性の呼吸器疾患についても知っておこう

呼吸器疾患には、生まれつきの疾患もあります。先天性喘鳴(ぜんめい)は、咽頭軟化症が原因で起こることが多く、生まれた時から「ヒューヒュー」と言った喘鳴と呼ばれる独特の呼吸音がする病気です。嚢胞性(のうほうせい)肺疾患は、のう胞と呼ばれる空気によって膨らんだ袋のようなものが生まれつき肺の中にあり、感染などを繰り返す病気です。ほかにも、気管軟化症と呼ばれる生まれつき気管が柔らかい病気がありますが、成長して気管が発達していくにつれて徐々に治っていく場合がほとんどです。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 風邪・発熱 かぜ症候群

この記事を書いた人

中井ゆうこ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもの呼吸器の病気について