1. >
  2. >
  3. >
  4. 塗り薬の塗り方と保管方法

塗り薬の塗り方と保管方法

塗り薬の塗り方と保管方法のタイトル画像

子育て中は、ちょっとした怪我から湿疹、かぶれの治療など、いろいろな状況で塗り薬を使用することになります。ここでは、塗り薬の種類ごとの効果的な塗り方や、外用薬の保管方法と注意点について解説します。

ローションタイプの塗り薬はやさしくのばして

ローションタイプの塗り薬は、消毒や保湿を目的として、肌の広い範囲の治療に使われることが多いタイプの外用薬です。塗る時のポイントは、まずあらかじめ自分の両手にローションを取って広げておき、素早く患部にのばしていきます。治療したい部位の全体をしっかりと覆うように注意します。肌をこすったり、叩いたりして負担をかけないよう、やさしく塗り広げるように心掛けるとよいでしょう。

クリームタイプの塗り薬はしっかり丁寧に

主に打ち身や虫刺されによるかゆみ治療に使われるクリームタイプの塗り薬には、炎症を抑える成分などが含まれています。治療の時には、肌の内側にまでしっかりと有効成分を浸透させる必要があることが特徴です。そのため、治療したい部位にしっかりとすり込むようにして、丁寧に塗り広げて下さい。まず適量を指先に取り、痛みやかゆみなどの症状のある患部を押さえつけないように、やさしく往復させながら、丁寧に塗り込んであげましょう。

塗り薬の塗り方と保管方法の画像1

軟膏タイプの塗り薬の塗り方は「1F1U」

油分を含んだ軟膏タイプの塗り薬は、傷の治療やアトピー性皮膚炎などに対してよく使われます。すり込まずに、患部に膜を作るようなイメージで薄く塗り広げるようにして下さい。適量の量り方として「1F1U(ワンフィンガーワンユニット)」があります。これは、人差し指の第1関節まで(約2cm)に絞り出した量を0.5g程度と考え、大人の手のひら約2枚分の面積に適量と考える方法です。広い範囲に軟膏を塗る際に参考にすれば、薬の出し過ぎを防ぐことができます。

身体の部位ごとの薬の塗り方、コツは?

塗り薬は基本的に、円を描くように塗り広げて使用します。腕や背中など平らな部位とは違い、首や股のあたり、関節部分などに塗り薬をつける時には、指でしわをひろげて塗り広げるようにします。塗り残し部分がないように注意すると共に、つけすぎにも注意して下さい。頭の部分については、髪の毛をしっかりかき分けて、塗りたい部分にピンポイントで薬を置くように塗りつけます。また、顔は肌の薄い部分なので、薄くつけることを心掛けます。薬が目に入ることを防ぐためにも、目の周りは避けて使いましょう。

塗り薬の保管は日付を書いておくと安心です

塗り薬は、変質や乾燥・漏れを防ぐためにも、しっかりとフタを閉めることを心掛けましょう。パッケージの種類によらず、冷暗所で保管するのが基本です。ほとんどの場合は室内や薬箱で十分ですが、特に高温には注意が必要ですので、車への置き忘れなどに注意して下さい。薬には使用期限が記載されていることもありますが、これは未開封の状態での期限です。使い始めの日付を直接メモしておくようにすると、安心して使用することができるでしょう。

塗り薬の塗り方と保管方法の画像2

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康

この記事を書いた人

えみ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 塗り薬の塗り方と保管方法