1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもとして親として、胸がぎゅっと熱くなる・・・毎日のご飯作りが面倒!そんなあなたに届けたい感動動画

子どもとして親として、胸がぎゅっと熱くなる・・・毎日のご飯作りが面倒!そんなあなたに届けたい感動動画

子どもとして親として、胸がぎゅっと熱くなる・・・毎日のご飯作りが面倒!そんなあなたに届けたい感動動画のタイトル画像

故郷を離れ東京で暮らす6人の若者の前に並べられた6つのお弁当。それらはすべて実家の母が作ったお弁当です。故郷を離れた今でも、幼い頃に食べていたお弁当を探し当てることができるのでしょうか?9月28日に公開された動画には、感動の結末が待っていました。

子どもの頃に食べたお弁当、覚えていますか?

両親や家族に作ってもらったお弁当のこと、みなさんは覚えていますか?

私は幼稚園から高校までお弁当だったため、毎日毎日、母が作ってくれたお弁当をもって学校に行っていました。

代わり映えのしないお弁当に、「なんで⚪︎⚪︎ちゃんみたいに、豪華なお弁当じゃないの?」「今日もスパゲッティ?汚れるから嫌だ!」などと、文句をぶつけたこともしばしば。

そんな記憶は残っていても、いざ、どんなお弁当だったかは、具体的に思い出すことができません。

故郷を離れて暮らす6人の若者。母が作ってくれたお弁当を当てることができるのか?

そんなお弁当について、とある実験が行われました。

故郷を離れて東京で暮らす若者6人。

彼らの前には、AからFまで並べられたお弁当があります。

そのうちどれかひとつは、自分のお母さんが、この日のために作って送ってくれたお弁当なのです。

子どもとして親として、胸がぎゅっと熱くなる・・・毎日のご飯作りが面倒!そんなあなたに届けたい感動動画の画像2
子どもとして親として、胸がぎゅっと熱くなる・・・毎日のご飯作りが面倒!そんなあなたに届けたい感動動画の画像3

そんな彼らが、自分の母が作ってくれたお弁当をあてることができるのか?

ドキドキしながら、ひとつひとつお弁当のフタを開けて、食べくらべてみると・・・。

子どもとして親として、胸がぎゅっと熱くなる・・・毎日のご飯作りが面倒!そんなあなたに届けたい感動動画の画像4

子育ては大変で、子どもは幼い頃のことを覚えていないかもしれない・・・だけど、残せるものがきっとある。

この動画をみて、娘として、母として、いろいろな感情があふれてきました。


ひとつは、
毎日ごはんを作ってくれた実家の母に、心からの「ありがとう」の気持ち。


そしてもうひとつは、
今度は私の番になった、娘のお弁当づくりや子育てについて。


私にとっては毎日大変で、めんどうくさいな、もう全部投げ出したいな、と思うこともよくあります。

それでも、この動画のように、子どもが成長するにつれて忘れられてしまうであろうことの中にも、愛情を込める意味はちゃんとある。

手の込んだ料理じゃなくても、全部手作りじゃなくても。私なりの愛情の込め方があるはずだと思いました。

子育てにおいて、言葉がけやスキンシップはたしかに大切だけども、食べ物は、直接身体の中に入るもの。

身体を作り、将来の故郷の記憶を残して上げるためにも、私なりにできる努力をしてみようという気になりました!

子どもとして親として、胸がぎゅっと熱くなる・・・毎日のご飯作りが面倒!そんなあなたに届けたい感動動画の画像5

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

Haruka

3人娘を育てながら、某金融会社で働いています^^
将来の夢は、どこかに別荘をたてて夫婦で悠々自適な老後を送り、娘たちの子どもの面倒をみること♡...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子どもとして親として、胸がぎゅっと熱くなる・・・毎日のご飯作りが面倒!そんなあなたに届けたい感動動画