1. >
  2. >
  3. >
  4. 娘は1年間で200作品以上を創作!現役クリエイター夫婦の「独創性」と「表現力」を伸ばす子育て

娘は1年間で200作品以上を創作!現役クリエイター夫婦の「独創性」と「表現力」を伸ばす子育て

娘は1年間で200作品以上を創作!現役クリエイター夫婦の「独創性」と「表現力」を伸ばす子育てのタイトル画像

記者でイラストレーターの私と作詞・作曲・編曲家の夫。小学生の頃になりたかった職業についた私たち夫婦の幼少期を振り返りつつ、子どもの独創性と表現力を伸ばす子育てについてご紹介します。

小学生の頃になりたかった職業につけたのは、好きで得意だったから?

私は会社員を経てエディター・ライターになりました。色々な雑誌や広告、パッケージなどに記事やコピーを書いて15年になります。元々美術部で絵を描くのが好きだったため、記事のついでにとイラストを頼まれることも増え、雑誌やWEBにイラストの提供も行っています。

主人は、10代から音楽一筋25年の作詞・作曲・編曲家。大学は音楽とは全く関係のない経済学部出身ですが、作曲・編曲・打ち込み・楽器もすべて独学の人です。

私は「雑誌を作るひと」、主人は「音楽プロデューサー」。お互いに小学生の頃になりたかった職業につきましたが、それは好きで得意だから自然となれたんだと、子どもが出来るまで思っていました。

親の嗜好と家庭環境が子どもに与える影響は大きい

娘は1年間で200作品以上を創作!現役クリエイター夫婦の「独創性」と「表現力」を伸ばす子育ての画像1

いつの間にかそれを好きになって、たまたま得意だったからその仕事に就いたと思っていましたが、子どもが生まれて振り返ってみるとそれは半分あたりで半分はハズレでした。

小学生の時の文集に「雑誌を作る人になりたい」と書いた私の場合、どんなにせがんでもトンボ型のかっこいい自転車や、最新のCDラジカセ(年代がバレますね)は買ってもらえませんでしたが、幼少期から本だけは惜しみなく買ってもらえました。

低学年の頃から母親が働き始めたので、お留守番の時の友達は「本」だったのです。そんな環境だったからか、しだいに本が好きになり、本の中の世界にのめりこむようになりました。本には絵がつきもので、絵もどんどん好きになりました。家には父親の蔵書がたっぷりありましたし、小学校の教頭をしていた祖父母宅には子どもが好きそうな文集や図鑑が数限りなくあり、それらはわたしにとって垂涎もののお宝の山でした。

一方、主人の父方の祖父は大のクラシック好き。主人の母も音楽が好きで、主人にピアノを習わせ、洋の東西を問わず、また年代も問わず様々なジャンルの曲が、最新式のスピーカーから流れているような家庭だったそうです。

娘は1年間で200作品以上を創作!現役クリエイター夫婦の「独創性」と「表現力」を伸ばす子育ての画像2

楽しむ側から作る側になった私と主人の幼少期

人間とは不思議なもので、与えられるうちに親しみが湧いて好きになるものです。それも、強要されるのではなく自分の周りに自然にあるものにより心惹かれるようです。

そして、私も主人もそれぞれ本や音楽に親しむうちに「自分で作ってみたい」と思うようになります。私はチラシの裏にさし絵と文字を書いてホチキスで留め、ご丁寧に手作りの付録までつけた「雑誌」づくりを、主人はカセットデッキを使った「多重録音」を、それぞれ幼稚園・小学校低学年で始めていたのです。

娘が好きなことにのめりこむことを邪魔しない

娘は1年間で200作品以上を創作!現役クリエイター夫婦の「独創性」と「表現力」を伸ばす子育ての画像3

今、娘は飽きることなく毎日毎日、絵工作をしています。

自分がそうだったので気持ちが分かるのですが、娘は楽しくて仕方がないようで、とにかく白い紙があれば絵を描き、工作に使えそうな素材があれば自分のストック袋に大事にしまっています。幼稚園で作ったものを除いても、娘の「作品」は、この一年でゆうに200を超えていました。絵本も大好きで、すぐ読んでしまうので2歳からこの4年間は毎週2軒の図書館に通い、月に40冊を超えるペースで絵本を読んでいます。

外遊び、お勉強、習い事のおさらい・・娘も色々と忙しい現代っ子ですが、絵本を読む時間と絵工作に向かう時間は絶対に邪魔しないと決めています。私自身の経験から、のめりこむ時間が表現の欲求を高め、技術も伸ばすことを知っているからです。

5歳までは自由に楽しむことと独創性を重視し、とにかく好きに絵を描かせ、工作をさせてきましたが、6歳以降は技術を模倣することで表現力が伸びると考え、テクニックを教えるようにしました。

最初、我の強い娘は教えられることに抵抗を感じていたようですが、「自分の独創性は多少テクニックを真似たところで消えるようなものではない」ことを理解すると、描き方や工作の技術を熱心に学ぶようになりました。今は、同じ題材で私とスケッチ競争をすることが楽しみなようです。

夢中になれる環境のつくり方

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

吉田 瑞穂

KDDIを経て2001年より現職。美容ライターとして独立し15年目。1児の母。CLASSY.、JJ、VERY、STORY、美ST(光文社)、美人百花(角川春樹事...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 娘は1年間で200作品以上を創作!現役クリエイター夫婦の「独創性」と「表現力」を伸ばす子育て