1. >
  2. >
  3. >
  4. 粉薬の飲ませ方と保管方法

粉薬の飲ませ方と保管方法

粉薬の飲ませ方と保管方法のタイトル画像

子どもに粉薬を飲ませる方法、どうしていますか?赤ちゃんや小さな子どもに粉薬を飲ませるのは大変ですが、工夫すると上手く飲ませることができますよ。ここでは、粉薬の上手な飲ませ方や保管方法について解説します。

赤ちゃんにはペースト状にして指であげよう

赤ちゃんは粉薬をそのまま飲むことはできないので、ごく少量の水で練ってペースト状にして与えます。小皿に薬を入れ、水を数滴入れて指で練り、お母さんの指先に付けて赤ちゃんの上あごやほおの内側に塗りつけましょう。味を感じる舌の上だと吐く事があるので注意が必要です。薬を塗りつけたら、水やミルクなどで薬を飲み込ませるようにしましょう。何回にもわけると嫌がることがあるので、薬はあまり小分けせず、一回で飲めるようにした方がよいでしょう。

飲ませる直前に!少しの水に溶かして

自分で飲みこめる小さな子には、少量の水に溶かして与えましょう。小皿に薬を入れ、少量の水で溶かしてからスプーンなどで飲ませます。時間が経つと味や薬の効果が変わってしまう薬もあるため、飲ませる直前に溶かしましょう。また、無理に溶かしたりつぶしたりすると苦くて飲めなくなるものもあるので、良く混ぜて薬が沈殿する前に飲ませてしまいましょう。水の量が多いと飲みきれないこともあるので、薬をきちんと飲むためにも少量の水で溶かすことことをおすすめします。

粉薬の飲ませ方と保管方法の画像1

ゼリー状オブラートを上手に使うのも手

薬局などで売っているゼリー状オブラートを使う方法もあります。幅が広めのスプーンにゼリー状オブラートを少量のせ、その上に薬をのせます。さらに薬の上からゼリー状オブラートをかぶせるようにのせます。ゼリーで薬を包むようなイメージです。あらかじめゼリーの水っぽい部分を取り除いておくのがポイント。そのまま子どもに食べさせましょう。この方法だと、苦い薬でも味がわからないうちに飲み込むことができるので、水などに溶かしても飲めない場合は試してみるとよいでしょう。

それでも飲めない子は、甘い食べ物に混ぜてみて

どうしても飲めない場合は、好きな食べ物に混ぜて飲ませることもできます。アイスクリームやプリンなど甘いものに混ぜるとすんなり飲むことが多いようですが、その際は食べ物全体に混ぜずに、一口で食べられる量に混ぜましょう。組み合わせによっては苦味が増したり飲みにくくなることもあるので注意します。おかゆやミルクなどの食事に混ぜると、次回から食べなくなってしまう可能性があるのでやめましょう。また、薬によって混ぜてはいけない食品もあるので、わからない場合は医師や薬剤師に相談してください。

粉薬の飲ませ方と保管方法の画像2

粉薬保管の注意点

粉薬は直射日光に当たると溶けたり、湿気で固まることがありますので、乾燥剤と一緒に密閉容器に入れて冷暗所で保管します。密閉容器でもお菓子が入っていた缶は、子どもがお菓子と勘違いする恐れがあるので避けたほうがいいでしょう。冷蔵庫内での保管は、薬の品質が変わってしまう場合があるので、特別な指示がない限りは避けてください。シートや包装袋から出してピルケースで保管するのも、吸湿や紛失の元なので避けた方がいいでしょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康

この記事を書いた人

ゆっきーママ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 粉薬の飲ませ方と保管方法