子ども達のそんな姿を見せつけられて、親である私自身も、何度も考えを改めました。同じように、先生方も、入学時や新年度におっしゃっていたことと意見が変わっていくことがあり、大人の方も、子ども達から様々な気づきをもらう機会があります。娘が地元の小中学校へ通う中で、よかったなぁ~と思えたことの一つは、そんな瞬間に何度も出会えたことです。(娘は、支援学級在籍だった為、支援級で過ごす時間もあったのですが、主に普通級で過ごしていました。)

そうして、子どもや大人が、違いを認め合い、相手の気持ちを考えることが一層上手になれば、障害のある子だけではなく、どの子にとっても居心地のいい学校生活を送ることができるのだと思います。

社会で障害のある子だけがしんどい思いをしているわけではなく、外国にルーツのある子や、両親が揃っていない子、リストラや家族の介護、様々な事情を抱える家庭の子どもたちがいます。障害のある子も一緒にと考えてこられた先生方は、その瞬間瞬間に一番しんどい子の気持ちを中心に考え、クラス運営をされてきたようです。どの子も大切にされる学校では、不登校になる子はあまりいません。

大阪で基本としている「ともに学び、ともに生きる」教育は、40年程前から、障害の有無に関わらず《同じ場で過ごしてきた子ども同士の関わり》を実践されてきたことが大きいのでしょう。そして、障害のある子のための教育ではなく、障害の有無に関係なく集団の中で一人ひとりを大切に、ということだと思います。

とはいえ、大阪の中でも『常に同じ場で』を実践されてきたのは、一部の地域や一部の学校だけです。ただ、インクルーシブ教育そのものは、同じ場で、ということのようですから、その大阪の(或いは他府県での)一部の実践こそが、今、世界でインクルーシブ教育といわれている実践と、ほとんど変わらないのではないか?ひょっとしたら、その最先端かも?と思っています。

これからは、日本中がインクルーシブの時代になっていきます。障害のある子だけが別の場で過ごしていれば、それが当たり前に思えることでしょう。ですが、どの子も同じ場で過ごしていれば、やはり、それが当たり前になっていきます。かつて、障害があるという理由で学校に入学できなかったことを当たり前としていた時代から、今、どの子も学校に通うことが当たり前になっているように。

誰にとっても生きやすい社会の実現には、障害のある子もない子も一緒の場で学ぶ教育が当たり前に実践されていく必要があると思っています。ぜひ、皆さんも考えてみてください。