1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. プール熱~子どもの病気~

プール熱~子どもの病気~

プール熱~子どもの病気~のタイトル画像

主に夏に多く見られる感染症のプール熱。プールで感染することが多いためこの名前が付けられています。時には集団感染も発生するプール熱ですが、いったいどういう病気なのでしょうか。

プール熱ってどんな病気?原因と感染経路

プール熱の正式名は「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」。主に夏に流行するウイルス性の感染症です。プール熱はアデノウイルスに感染することによって発症します。アデノウイルスは現在51の型が確認されていますが、プール熱の原因になるのは主に3型のアデノウイルスです。その名の通り、プールの水を介して感染することが多いですが、そのほかに飛沫感染や接触感染によっても感染します。感染力が強いため、しばしば学校などで集団感染が見られることもあります。

プール熱~子どもの病気~の画像1

特徴は、比較的長い潜伏期間と三大症状

プール熱の潜伏期間は5~7日。感染してから症状が出るまでの時間が風邪などに比べて比較的長く、感染力が強いのが特徴です。「咽頭結膜熱」という名前が示す通り、発熱(39~40度の熱が4~5日続く)、咽頭炎(喉の腫れや痛み)、結膜炎(まぶたや白目部分の充血、目やに)が主な症状です。そのほかにも、全身倦怠感、頭痛、リンパ節の腫れ、下痢や腹痛などを伴うこともあります。発熱や咽頭炎の症状が治まるまでは1週間程度、結膜炎の症状は10日前後続くこともあります。

どういう薬が処方される?プール熱の治療法

プール熱はウイルス性の感染症のため、特効薬はなく、症状に応じた対症療法が基本となります。高熱に対しては解熱剤、結膜炎に対しては抗生物質やステロイドなどの入った点眼薬、喉の腫れや痛みに対しては、うがい薬や鎮痛剤などが処方されます。プール熱は、午前中は熱が比較的低く、午後になると40度近くまで上がることが多い疾患です。子どもが高熱でつらそうな場合は解熱剤を使用しましょう。熱は解熱剤で一旦下がっても、午後になると再び上がってくる状態が3~5日程度続きます。

家庭でのケアは水分補給と二次感染に注意

プール熱は高熱が長く続くため、脱水症状に注意が必要です。高熱に加え、嘔吐や下痢を伴う場合は特に注意してください。水や麦茶だけで水分補給をすると、汗で失われたミネラル分が不足して悪循環に陥りますので、必ず赤ちゃん用のイオン飲料や経口補水液を飲ませるようにしましょう。また、プール熱は感染力がとても強く、飛沫感染や接触感染の可能性もあります。特に、家庭内の二次感染には注意が必要です。家族もうがいや手洗いを徹底し、タオルは感染者と別のものを使うようにしましょう。

感染拡大を防ぐためにはどうすればいい?

プール熱は感染力がとても強いため、学校や幼稚園などでの集団感染もよく見られます。プール熱の予防には、通常の風邪などと同様にうがいや手洗いが有効です。また、その強い感染力から、プール熱は学校保健法で症状がなくなってから2日を経過するまでは登校・登園することができないとされています。感染拡大を防ぐためにも、出席停止期間は必ず守るようにしましょう。症状がおさまった後でも数週間はウイルスを排出している可能性があるため、家庭内の二次感染にも引き続き注意してください。

プール熱~子どもの病気~の画像2

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 プール熱 健康管理

この記事を書いた人

さちえ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. プール熱~子どもの病気~