1. >
  2. >
  3. >
  4. イザという時のための病院選びのポイント伝授!まずは「病気リスク」のチェックから

イザという時のための病院選びのポイント伝授!まずは「病気リスク」のチェックから

イザという時のための病院選びのポイント伝授!まずは「病気リスク」のチェックからのタイトル画像

まさか、自分が病気になるなんて…病気に罹ったとき、大抵の人がそう思うもの。ですが、育児に忙しい若い世代でも意外に入院経験はあるものです。急に病気になった時に焦らず、病気からスムーズに回復するためには病院を知り、自分にあったお医者さんと繋がっておくことが大事です。健康なときにこそ考えておきたい「病院選び」、その選び方をお知らせします。

出典:http://freebies-db.com/free-photo-doctor-stethoscope-hand.html

実は20代~30代の10人に1人は入院経験がある!

育児や家事に仕事…忙しい毎日を送っていると「いざ病気になったら」という想像は、なかなか難しいかもしれません。

ですが実際、20代~30代の世代では、実に10人に1人が入院経験があります。入院日数の平均は約10日。2週間に満たない日数ですが、日常生活を以前のように戻すにはさらに時間がかかるため、実は多くの人達が、数ヶ月は大変な思いをしています。

なるべく早く快癒して、前のように日常生活に戻りたい。病気に罹った誰でもが思うことですが、実はこの「病気に罹った際どこに相談に行くか」に、その後のQOL(生活の質)が左右されることは多いのです。

イザという時のために、どんな病院を選ぶか、いくつかの方法で考えてみましょう。

自分の病気リスクをチェックしよう

イザという時、どんな病院を選ぶかが大事。もっとも、まだ病気になってもいないのに「病院を選ぶ」といってもなかなか難しいと思います。そんな方にまずお勧めしたいのが「家族歴チェック」です。

家族歴とは、親や親族が過去に罹ったことのある(もしくは現在罹っている)病気の履歴です。血縁者同士では、遺伝子の相似や同じような生活習慣により、同様の病気にかかる傾向が高くなります。つまり、家族歴をチェックしておくと、将来自分が罹るリスクの高い病気の傾向がわかり、どんな専門病院を選ぶと良いかがわかります。

ちなみに私の場合は、父方母方の三等親以内で、「悪性腫瘍(婦人科)、糖尿病、アトピー性皮膚炎、心臓疾患」に数人ずつ罹っています。実際、私もアトピー性皮膚炎を持っていますし、婦人科検査で再検査を言い渡された経験もありますので、現在は、総合内科・婦人科・皮膚科プラス、一度腎炎にかかった経験から腎臓内科にかかりつけ医を作っています。


信頼できる医療者を見つけておくと、何かあった際には迅速に頼むことができ、対応も早く進むので安心して身を任せることができます。

どんな病院が自分に合うのかを考える

イザという時のための病院選びのポイント伝授!まずは「病気リスク」のチェックからの画像1

次に考えたいのが、病気を一緒に戦う医療者についてです。お医者さんも人間、こちらも人間。相性の合う合わないは必ず出てきますが、イザ病気の際に、相性の良くない相手と深く突っ込んだ話はしづらいものです。健康なうちに、自分が求める医療者像や病院について考えてみると良いでしょう。

具体的には以下の通りです。

・細かく話を聞いてくれる、こちらを気遣って時間をかけて色々聞いてくれる方が良いのか/スピーディにテキパキと進め、不安な患者を引っ張ってくれるほうが良いのか

・専門ジャンルが自分に合っているのか(例えば婦人科、と一口に言っても、腫瘍専門で経験を積んできた人か、広範囲に病気を診てきた人か、不妊治療や更年期の治療経験が豊富なのかで診断や治療法は大きく変わる場合があります)

・治療法について、いろいろ選択肢を用意してくれるのか(病気の回復の早さや、生活の質などを左右することがあります)

・病気や治療法について、話し合いしやすい相手か

・待ち時間の長さ、診療費の高さ(毎回受診するとなると、大きな差となります)

最近は、ネットのクチコミサイトや「病院ランキング」ムックなどもありますので、ぜひそういった情報を参考になさってみてください。医療者が口コミを書き込んでいるサイトもあります。同業の目線から見る口コミは視点が違うのでより参考になることもあります。

また、ご近所の方々や友人に口コミを聞いておくのも大事です。こちらは実際に行った経験談が聞けるので、リアルな情報として有効です。保険会社の特典として、保険契約者に信頼できる病院を紹介するテレフォンサービスを行っているところもあります。一度、自分の保険も確認してみましょう。

都市圏では沢山病院を見つけることもできますが、それでも「自分の納得できる治療を相談できる相手」を見つけることは簡単ではありません。地方になると、余計にその傾向は高くなります。

病気に罹ると、検査や治療と一度にたくさんの事を行うようになります。だからこそ、健康なうちに情報を集め、心の準備を進めておくようにしてはいかがでしょうか。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病院 病気・怪我・健康 病気

この記事を書いた人

カラダコンシェルジュ 佐野薫

大阪府八尾市でメンテナンスサロンを主宰している佐野薫です。
日々を忙しく走り抜けている女性達に向けて「カラダコンシェルジュ」として、身体の調子改善をパーソナル...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. イザという時のための病院選びのポイント伝授!まずは「病気リスク」のチェックから