1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. エスカレーターでヒヤッと体験!子どもとエスカレーターに乗る時に注意したいポイント

エスカレーターでヒヤッと体験!子どもとエスカレーターに乗る時に注意したいポイント

エスカレーターでヒヤッと体験!子どもとエスカレーターに乗る時に注意したいポイントのタイトル画像

現代では誰もが当たり前に簡単に乗っているエスカレーター。便利ではありますがちょっと気を抜いてしまうと思わぬ事故に…。子どもとエスカレーターに乗るときに注意すべきポイントを再確認しましょう!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174009860

きちんとルールを守り安全面も気を付けて利用すればとても便利でありがたいものも、1つ間違えてしまうと後悔してもしきれないような事故になることってありますよね。

その例の1つがエスカレーター。記事を読んでいただいている方の中にもヒヤッとするような体験がある方もいらっしゃるかもしれません。私は大丈夫と思っていらっしゃる方にも再確認していただきたいポイントをまとめさせていただきました。

エスカレーターに乗ることは意外に難しい!!

私自身まだ幼かった時、エスカレーターは今よりかなり少なく、乗るタイミングが難しくて怖かったことを覚えています。

近年、首都圏はほとんどの駅にエスカレーターが復旧し、デパートやショッピングセンター、病院にもエスカレーターがあり、小さな子どもでもうまくエスカレーターに乗ることが出来るようになっているかと思います。しかしよく考えてみると、動いている階段にいいタイミングで足を運ぶということは、意外と難しいものではないでしょうか?

エレベーターでヒヤッとした体験

実は最近まであまりエスカレーターの危険性については、あまり気に止めていませんでした。しかし、あるヒヤッとした体験があり、これは1つ間違えてしまったら危険だと思ったし、あの時あの方がいなかったら…と考えると怖くて、自分の行動を悔やみました。そこで記事にして同じような体験をしてしまう方を減らせればと思いました。

そのヒヤッとした体験とは、私が1歳の娘を抱っこして4歳の息子と下りのエスカレーターに乗ろうとした時に起こりました。普段、息子は1人でエスカレーターを乗り降りできていたので、私は歩きたいと暴れる娘を抱っこして両手が塞がっていましたが、息子が後ろからついてくるものと思い、先にエスカレーターに乗っていました。

しかし、ある時突然息子が片足をエスカレーターに乗せようとした時に、パニックになって足を出したままその場にしゃがんでしまったのです。恐らくはじめてエスカレーターに乗る難しさに気がついてしまったのだと思います。足をどうしていいかわからくなってしまったのです。

私は暴れる娘を抱っこしたまま助けることも出来ずに立ち尽くしてしまい、息子の後ろにいたカップルが咄嗟に息子を持ち上げてエスカレーターに乗せてくれたのです。お陰で私はエスカレーターを上り、2人を抱き上げてエスカレーターから下ろすことができました。後ろのカップルが助けてくれなかったら息子は怪我をしていたに違いありません。

エスカレーターでは、小さい子どもが指を切断してしまう事故も多いのです。娘のように1歳と小さい場合は、気に止めていてもついつい上の子や、幼稚園児ともなると大丈夫と安心しきってしまう傾向があるのではないでしょうか?あらためて、そうした子たちであっても、まだ幼い子どもなのだということを実感させられました。

安全にエスカレーターを利用する為には…

まず大事なことは、小さい子どもとは必ず大人がしっかり手を繋いで乗ること。大人が両手が埋まってしまう場合は、できればエレベーターを利用しましょう。ベビーカーの場合も同じくエスカレーターは利用しないほうがいいと思います。

そして、サンダルが引っ掛かって怪我をしてしまうことが多いそうなので、きちんとステップの真ん中に足を置くことを子どもには促してあげましょう。マフラーや荷物の巻き込みにも気を付けましょう。

当たり前なことですが、本当に小さな不注意が、後悔してもしきれないような事故になることもあるのではないかと思います。きちんと注意を払いつつ安全に利用しましょうね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

tanukumi

1歳の娘、幼稚園年少4歳の息子がいる新米ママtanukumiです。
娘は男勝りでお転婆!!活発な息子は電車と妖怪ウォッチが大好き!!
出産前は子供向けの作品...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. エスカレーターでヒヤッと体験!子どもとエスカレーターに乗る時に注意したいポイント