1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 七夕を楽しく過ごそう

七夕を楽しく過ごそう

七夕を楽しく過ごそうのタイトル画像

7月7日の七夕は、一年に一度だけ天の川でおりひめとひこぼしが会える日。願い事を書いた短冊と飾りを笹に吊るすのが一般的な夏の行事です。今年の7月7日は、子どもと七夕をもっと楽しんでみませんか。

出典:https://www.flickr.com/photo.gne?id=3807541649

折り紙でできる!カンタン笹飾り

笹か、手に入らなければ、葉のついた植物を用意しておきます。折り紙を三角や四角、丸などの形に切り、のりで同じ形のものをつなげていきましょう。まだはさみを使うのが難しい小さな子どもでも、のりでペッタンと貼っていく作業はできます。同じ色でつなげたり、2色を交互にするなど、アレンジも楽しめます。三角はどれか、どの色を貼るか、何個つなげるかなど、コミュニケーションを取りながら貼っていきましょう。裏面にセロテープで短く切った糸などをループ状に貼って、笹に飾ります。

手作りの短冊に、願いごとを書こう

折り紙を半分、または縦に4等分に切り、短冊を作りましょう。子どもに切ってもらえば、はさみの練習にもなります。長方形だけではなく、丸や正方形の短冊を作るのも面白いです。願い事を記入するのは、大人の役割。「何になりたい?」といったことから、できるようになりたいこと、欲しいものなど、子どもに聞いてみましょう。大人も一緒に願い事を書くと、盛り上がります。

七夕を楽しく過ごそうの画像1

お星さまを描いて、釣って遊ぼう

七夕らしい遊びとして、魚釣りならぬ星釣りで遊びましょう。厚紙をいろいろな大きさの星型に切り、クリップをつけます。星はクレヨンや色鉛筆で色を塗ったり、折り紙で飾りつけましょう。割り箸にタコ糸を巻きつけてセロテープで固定し、糸の先には同様に磁石を取り付け釣竿にします。星を並べて床に置いたり、空き箱に星を入れたりし、星釣りを楽しみましょう。大きな星や小さな星、「今度はどれを釣ろうか?」と声をかけながら遊びます。

七夕のデザートは天の川ゼリーで決まり!

メロン味のゼリーを4個分ほど用意し、丸い皿に崩して盛り付けます。次に、砂糖を入れて泡立てた生クリームをゼリーの中央に天の川のように細長く乗せていきます。そして、星型に型抜きしたリンゴや輪切りのバナナなどを飾り付ければ、「天の川ゼリー」の完成です。上手に飾りつけができなくても子どもの自主性に任せましょう。想像力ややる気に繋がります。完成したら、小皿に取り分けていただきましょう。

天の川そうめんを一緒につくろう

七夕の日はいつものそうめんを、「天の川そうめん」にアレンジ。そうめんは規定の分量で茹で、よく水洗いしておきます。キウイやスイカ、リンゴなどのフルーツやハムを子どもに型抜きしてもらいましょう。そうめんを器に盛り付けて、星の形の具材を上に飾ります。スイカのように外側の色と中身の色が異なる果物は、「切ると中は何色かな?」など、子どもに聞いてみましょう。子どもと一緒に調理することで、食への興味が広がります。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子どもの行事・お祝い・写真 七夕

この記事を書いた人

ありさ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 七夕を楽しく過ごそう