1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 自分で服を選び、着替えるように!子どものやりたい気持ちを大切にする我が家の工夫

自分で服を選び、着替えるように!子どものやりたい気持ちを大切にする我が家の工夫(2ページ目)

自分で服を選び、着替えるように!子どものやりたい気持ちを大切にする我が家の工夫のタイトル画像

3歳の息子。まだまだ手伝ってあげないと、できないことがたくさんある?いえいえそんなことないのです。大切なのは、待つ気持ちとちょっとした物の工夫。今回は我が家の声かけと洋服たんすについてご紹介します。

子どもに自信を、ママに余裕を

このように、「この子は自分でできる」と信じて子どもに自分の身の回りのことをやらせると、結果として、子どもは、自分でできた!と嬉しく思い、自信をつけることができます。そして、お世話をする私たちパパママも、やらなければならないお世話がひとつ減り、楽になります。



息子自身も自分のことは自分でやりたいと思っているようで、非常に乗り気で自分の服を選んだり片付けたりしています。そんな嬉しそうな姿を見ると、こちらも嬉しい気持ちにさせられます。



子どもの身の回りのことは、まだまだこんなことはできないだろうと、能力を低く見積もらず、これからもいろんなことに挑戦させてあげたい。私は、そのために大切なのは、見守るための心と時間の余裕、そして子どもができるような環境づくりだと考えています。



たんすの例は我が家で上手くいった事例ですが、またこのような良いアイデアがあったら、ぜひみなさんとシェアしたいと思います!

【番外編】イヤイヤ期の2歳前後は…

今回ご紹介したのは満3歳の我が家の息子の場合です。そんな彼も、着替えない!ヤダ!と言っているザ・イヤイヤ期がありました。



そんなときは、服を上下二枚ずつソファに置き、どっちがいいかな?と聞くのです。不思議と、自分で選ぶことで着替えに乗り気になってくれるようでした。イヤイヤ期でも、「自分で決める」というのは魅力的なんですね。



とはいえ、イヤイヤの2歳児。着替えない時もあります。そんなときは、もう、パジャマのままで保育園に行きましょう。これが私にとっての解決方法でした。



イヤイヤを過ぎると、自分で着替えをとってくるようになりますよ!機会があればぜひ、お子さんの取り出しやすいたんすを準備してみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
まっかちんの画像
まっかちん

東京都在住、5歳男児の母。25歳年上の旦那さんと三人暮らしで生活しています。

息子2歳時に時短(残業、休日出有)で再就職、1年後からフルタイム勤務に。
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 自分で服を選び、着替えるように!子どものやりたい気持ちを大切にする我が家の工夫