1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. あなたの料理下手、実はレシピのせいかも?

あなたの料理下手、実はレシピのせいかも?(2ページ目)

あなたの料理下手、実はレシピのせいかも?のタイトル画像

30~40代のお母さんは、お料理をきちんと習ったのは高校の家庭科が最後、という方が多いようです。今はレシピサイトでたくさんのレシピが公開されていますが、中には高校の家庭科で習っただけの知識では読み解けない「レシピの行間」があることも。いったいどうしたらいいの?そんなお悩みに応えてみたいと思います。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161016395

「混ぜすぎてはいけない」ことを知らずに、レシピ通り「混ぜる」から、混ぜすぎてしまってカッチコチの固いクッキーや天ぷらが出来上がってしまうのです。せっかく頑張って作ったクッキーがレンガのように固かったら、もう二度とクッキーを作りたくないですよね?レシピ通り作ったのにクッキーが固くなったのはなぜでしょう。レシピにどの程度混ぜれば良いのかが書いていなかったからです。



もうお分かりですね?これがレシピの「行間」です。

どうしたら「行間」を読み解けるの?

色々なところで言われていることですが、料理は科学です。プリンやお豆腐は固めるのにタンパク質の凝固作用を利用しています。ケーキがふわふわに膨らむのはバターや卵白の起泡性を利用しているからです。



ですから、お料理は作ったようにしか、出来上がりません。単純です。失敗するには、失敗するなりの原因があるのです。その原因を知ることが、レシピの「行間」を読み解く手がかりになります。しかし、毎日の食事の支度に一々読み解いている余裕はありませんよね。だから、詳しく解説してある信頼のおける人のレシピを使ったり、お料理教室や親に習ったりする必要があるのです。ある程度の経験を積めば、知識と感覚で「行間」を読み解けるようになります。大丈夫です。知れば納得、の理屈の世界です。

苦手意識をもたないで

だから、苦手意識を持たず、どんどんお料理を作ってみてください。レシピ通り作ってみて、美味しくできなかった。それはあなたのせいではありません。詳しくかいていないレシピが悪い事の方が多いのです。そのレシピを書いた人の他のレシピは使わないようにしましょう。ある程度経験を積めば、レシピを見ただけで、ここに何行か「行間」があるな、と見えてきます。さらに経験を積むと、レシピを見ただけで自分好みの美味しい味に出来るかどうか、までわかるようになりますよ。



そう思ってお料理していくと、楽しくお料理していただけるのではないかと思います。お料理が苦手な方、是非苦手を克服してお料理を楽しんで下さいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
食育インストラクター ふるやまちこの画像
食育インストラクター ふるやまちこ

二児の母。第一子妊娠出産を機に、普段の食事の大切さを痛感し、食育インストラクター、キッズキッチンインストラクター資格を取得、「食育教室 おやこキッチン」を開講。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. あなたの料理下手、実はレシピのせいかも?