1. >
  2. >
  3. >
  4. 離乳食に使える!手間いらずで簡単に作れて毎日続けられるダシの取り方

離乳食に使える!手間いらずで簡単に作れて毎日続けられるダシの取り方

離乳食に使える!手間いらずで簡単に作れて毎日続けられるダシの取り方のタイトル画像

離乳食作りにもダシは欠かせません。お湯で煮込むより、ダシ汁で煮込んだほうが素材の旨味も引き出され、美味しさもアップ!味覚形成にも役立ちます。でも、ダシを取るのって面倒なイメージありませんか?今回は、あるものに入れるだけで簡単にダシが取れる方法をご紹介します。この方法なら毎日続けられますよ!基本のダシの取り方と併せてご紹介します。

出典:https://www.flickr.com/photo.gne?id=12061300746

ダシを取るのは手間がかかって続かない!?

ダシを作ったほうが良さそうなのはわかっているけど・・・時間も手間もかかりそうだし、続かなさそうと思っていませんか?私も、最初はそう思って粉末タイプのダシを使ってたのですが、末娘の離乳食が始まり、ちゃんとダシを取って離乳食を作ってあげたいなと思うようになりました。

しかし!ここで問題が・・・。基本のダシの取り方だと、ダシを取るのに時間がかかってしまい、子どもの面倒を見ながら大人の料理と上の子の幼児食と末娘の離乳食を作らないといけないし、面倒くさがりやな私にとってダシを取ることは苦痛になってしまいました。

そして、結局粉末タイプのダシに逆戻り。美味しいけど続かないと意味がない・・・。どうしたら続くかな~と、簡単にできる方法を色々試す日々が始まりました。

離乳食に使える!手間いらずで簡単に作れて毎日続けられるダシの取り方の画像1

面倒くさがりやな私が続けられた簡単なダシの取り方

私は、なるべく調理時間を短くしたいので粉末タイプのように、すぐ使えるものが自分には合っていると思っていました。ですので、「ダシが事前に出来上がっていればすぐ使えて便利だな」と考えたのですが・・・。料理を作る前にダシだけわざわざとるのはすごく面倒!もっと手軽にできないかな~と試行錯誤を繰り返した結果【昆布とかつお節の水出し】という方法に辿り着きました。

作り方は簡単!麦茶用などの容器に昆布とかつお節をいれて一晩冷蔵庫へ入れておくだけ!次の日にはダシが完成しています。私は、昆布とかつお節を入れて作ることが多いのですが、たまに煮干しや、ちりめんじゃこを入れてダシを取ることもあります。

お味噌汁を作る時には、お鍋にダシ汁と切った野菜を入れてじっくりコトコト煮込み、お味噌を入れる前に離乳食用に取り分けるだけで1品完成しちゃいます。ダシで煮た野菜はとっても美味しく、子どももモリモリ食べてくれて嬉しいです。時短にもなるので本当におススメの方法です!

離乳食に使える!手間いらずで簡単に作れて毎日続けられるダシの取り方の画像2

【レシピ】簡単!おいしい!昆布とかつお節の合わせダシ

<材料>
・昆布    10cm程度1枚
・かつお節  ひとつかみ(約20g)
・水     1L

<作り方>
・昆布の表面をキッチンペーパーでサッと拭く
・容器に昆布・かつお節・水を入れて冷蔵庫へ入れるだけ!

<使い方>
・ザルなどで濾してからお味噌汁などに使ってください。
・かつお節を、お茶パックに入れると濾す手間が省けて便利ですよ!

離乳食に使える!手間いらずで簡単に作れて毎日続けられるダシの取り方の画像3
離乳食に使える!手間いらずで簡単に作れて毎日続けられるダシの取り方の画像4

【レシピ】基本のダシ

<材料>
・昆布   5cm程度
・かつお節  ひとつかみ(20g程度)
・水    1L

<作り方>
①昆布の表面をキッチンペーパーでサッと拭き、鍋に水と昆布を入れて中火にかける
②沸騰したら昆布を取り出し、かつお節を入れて弱火にして5分火にかける
③火を止め、かつお節が沈んだら完成
④ザルなどで濾して使ってください

残った昆布とかつお節は、茹でたキャベツや白菜などと混ぜ合わせて醤油を加えるだけで「おかか和え」ができます!簡単に1品増えて嬉しいですよね。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

ライフスタイル 食事・レシピ

この記事を書いた人

離乳食幼児食アドバイザー園田なお

はじめまして!北海道旭川市で離乳食・幼児食専門料理教室happycloverを主宰しています、園田奈緒です。長男が1歳の時、白米を半年間食べず、おかずも「ばっか...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 離乳食に使える!手間いらずで簡単に作れて毎日続けられるダシの取り方