1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. マネー・保険
  6. >
  7. 「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~

「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~(2ページ目)

「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~のタイトル画像

前回までは、教育資金のコラムをご紹介させていただきました。今回からは、その教育費をしっかり確保していくためにも、人生における『3つのお金の色分け』についてお伝えしたいと思います。第一回目は「つかう」編。節約しなきゃ、その考え方が間違っているのかも・・・?

さて、いったいどのくらいお金が残ったでしょうか。

全く残らなかった方は、5大支出をもう一度見直しましょう。



お金が残った方は、どのように無駄をなくしてお金をつかえば良いのでしょうか。

「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~の画像1

今の時代はお金を使って、「時間を買って」いたり、「ストレスを軽減」したりしています。



もともと

「節約するのが好き」「お金を貯めるのが好き」だという方以外は、節約することで生活のリズムを崩しがちです。



今までやってこなかったことを習慣化するのは意外とハードルが高いのです。

例えば、ダイエットに置き換えると分かりやすいかもしれません。生活習慣を改善していくのはなかなか難しいですし、時間がかかるものです。





せっかく毎日遅くまで体と神経を酷使して稼いだお金です。

ストレスなく上手につかっていきたいですよね。



実際に上手にお金をつかうことで、貯金を1,000万円以上している方100名に「貯まる秘訣」をお伺いしてみましたが、私たちが考えていた「節約生活」とは、程遠いお金のつかい方を実践されていました。

「貯まる秘訣」は、2つの支出を別々に管理する!?

「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~の画像2

毎月の支出にはその性質に合わせて、「変動費」「固定費」とに分かれます。



まずは「変動費」についてですが、代表的なものに食費、趣味、娯楽、洋服や交際費、そしてお小遣いなどが挙げられます。



変動費は、削減すると苦痛を感じやすい特徴があります。



これが節約を難しくしている理由の一つかと思いますが、



貯金ができている方については、



「旅行にはお金を惜しみません」

「洋服はちょっと高くても気に入ったものを買います」



などなど、好きなもの、やりたいことにはお金を「つかう」一方で



「必要がなければ外食はしません」

「買い物に行く前にリストを書き、衝動買いはしません」



などなど、自分に必要のないものにはお金をかけないという

「無駄がない=メリハリのある生活」「長く続けられるシンプルなルール」

を実践されている印象を受けました。



変動費は、「節約」ではなく「メリハリ」



このことを覚えておいてください。





「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~の画像3

次に「固定費」です。



固定費の代表的なものには、住宅費、光熱費、通信費、保険料、そしてローンや税金になります。



固定費は、銀行引き落としになっていることが多く、その結果、無自覚のまま支払ってしまうなど、出費に対しての痛みを感じない特徴があります。



毎日忙しいので、なかなか意識を持てないですよね。



ただちょっと待ってください。



固定費は毎月決まった金額がかかることも多いので、一度見直して削減できたら、ず〜っと削減されるという特徴も持っています。



例えば、通信費や保険料。

不要なものに入っていたり、契約時にはなかったお得なプランが出ていれば、プラン変更したりすることで料金を削減できるかもしれません。

また、光熱費に関しても、日々のつかい方によって削減できるかもしれません。



固定費を見直すことによって、お子さんが生まれたのを機に毎月5,000円削減できたら、お子さんが18歳、つまり大学を入学するころまでには、

5,000×12ヶ月×18年間=108万円が削減されることになり、

大学の平均入学費用といわれる95.7万円(平成25年)

を払ってもお釣りがくることになります。



18年間で考えると月5,000円でもかなり大きいと思いますが、いかがでしょうか?



その他にも、住宅費。

住宅ローンの繰り上げ返済ができれば、利息を減らせて、

トータルで支払う金額が大きく変わりますよね。



固定費は、「見直して削減する」こちらも覚えておいてください。

最後に・・・

今回のコラムは、3つのお金の色分け「つかう」をテーマにお話を進めてきました。

上手にお金と付き合っている方の「つかい方」のポイントは、以下の2つです。



①5大支出から確保する

②無駄をなくす⇒変動費は「節約」ではなく「メリハリ」

        固定費は「見直して削減する」




ぜひご自身に合った方法で試してみてくださいね。



次回は、3つのお金の色分け<2>「ふやす」編です。



どうぞお楽しみに!!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
安心コーディネーター ハッピー♪マネー研究会の画像
安心コーディネーター ハッピー♪マネー研究会

私たちは、子どもたち一人一人が才能を発揮し、安心して暮らせる未来を実現するために日々活動をしています。

私たちは“子育て診断士”と“ファイナンシャルプラン...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. マネー・保険
  6. >
  7. 「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~