1. >
  2. >
  3. >
  4. 「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~

「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~

「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~のタイトル画像

前回までは、教育資金のコラムをご紹介させていただきました。今回からは、その教育費をしっかり確保していくためにも、人生における『3つのお金の色分け』についてお伝えしたいと思います。第一回目は「つかう」編。節約しなきゃ、その考え方が間違っているのかも・・・?

こんにちは。

子育てママの強い味方、ハッピー♪マネー研究会です。



前回は教育資金の貯金の仕方をご紹介しましたが、たくさんの方々より、ご好評いただきました。

本当にありがとうございます。



さて、今回からは、その教育費をしっかり確保していくためにも、

人生における『3つのお金の色分け』について、3回に分けてお伝えしたいと思います。

『3つのお金の色分け』とは?

当たり前のことですが、お金には色がありません。



ですので、毎月の収入から、

自分で色をつけていく(つかい道を決めていく)必要があります。



家計簿をつけたり…

大体の予算を組んだり…

口座を分けたり…



お金の管理は本当に大変ですよね。

「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~の画像1

目的に合わせてお金を色分けしていくことは、月々のやりくりをする上で、非常に重要です。



その3つの色分けとは、





①人生を楽しむために「つかう」お金

②将来のために「ふやす」お金

③万一のために「まもる」お金




になります。



まずは、毎月の収入から自分がどのくらい

「つかう」「ふやす」「まもる」ために使っているのか、

少し振り返ってみてください。



いかがですか。



「つかう」ことには一生懸命だけど、「まもる」ことまではあまり考えていない方。



「ふやす」ことは大好きだけど、「毎月のつかった金額」には無頓着な方。



「まもる」ためになんとなく貯金しているけど、「ふやす」ことには関心がない方。



いろいろな考え方があると思いますが、やはり大切なのはバランスではないでしょうか。



まずは、「つかう」から考えてみましょう。

「つかう」上で、必ず押さえておきたい2つのポイントとは?

お金を「つかう」のは、必ずしも楽しいことばかりではありませんが、ワクワクすることも多いですよね。



今日は外食をしようかな?

旅行、どこに行く?

この洋服、ちょっとお高いけど買おうかな?

子どもの晴れ姿を写真におさめたいよね。



などなど……いろいろな願望があるかと思います。

「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~の画像2

「つかう」上で、必ず押さえておきたいポイントは、



①「5大支出」から確保する

②無駄をなくす




この2つです。



それぞれ、どういうことなのでしょうか。

人生の基本となる「5大支出」とは!?

人生の「5大支出」とは、



住宅費

教育費

生活費

保険

老後



どれも納得できる大きな支出ですね。



この5大支出を把握することは、生涯収支を考える意味でも、とても大切。



生涯収支とは、

【一生涯で得られる収入(生涯収入)】

から

【一生涯で出ていく支出(生涯支出)】



を差し引いたものでプラスなら黒字、マイナスなら赤字というわけです。



ちなみに、働いて得られる収入の平均値ですが、厚生労働省の賃金構造基本統計調査によりますと、



従業員1,000人以上・・・約3億円

従業員100~999人・・・約2,5億円

従業員10~99人 ・・・約2億円



となっております。

(大卒男子の統計数値を使用し、22歳~60歳まで働いた場合)



今は、収入が右肩上がりに増えていく時代ではありませんので、

「生涯限られた収入の中で、目的に合わせてお金を色分けしていく」

という考え方がとても大切になってきます。





5大支出は、

「今すぐ必要な支出」と

「今すぐ必要ではないけれども、将来必要になる支出」があります。



今すぐ必要な支出としては、

生活費と住宅費。まさに「衣・食・住」ですね。



住宅費については、住宅を購入された方と住宅を購入する予定のない方で違いはありますが、最も大切な支出になります。



次に、今すぐ必要ではないかもしれませんが、将来、来たるべき時に備えておく支出が、教育費、保険、老後。



これらの支出は、ある時期・ある場面で急に発生する性質があり、時に大きな支出ともなりえます。

今すぐ必要ではないため、優先順位が下がる傾向にありますが、

“その時”に「つかう」お金として、しっかり意識することが大切です。



「つかう」ためのお金については、まず

「5大支出をしっかり確保すること」これが最優先になります。



そして、5大支出をしっかり確保した後、残ったお金の中で、無駄をなくすお金の「つかい方」を考えていきます。

「5大支出」を考えてからすることは

この記事に関するキーワード

節約術・生活の知恵 節約・貯金 マネー・保険

この記事を書いた人

安心コーディネーター ハッピー♪マネー研究会

私たちは、子どもたち一人一人が才能を発揮し、安心して暮らせる未来を実現するために日々活動をしています。

私たちは“子育て診断士”と“ファイナンシャルプラン...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「節約しなきゃ」という考え方は間違っている!?~3つのお金を色分けで考えてみる<1>「つかう」編~