1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 授乳中のママにおすすめ!目のクマ、むくみ、しわを解消するエクササイズとは

授乳中のママにおすすめ!目のクマ、むくみ、しわを解消するエクササイズとは

授乳中のママにおすすめ!目のクマ、むくみ、しわを解消するエクササイズとはのタイトル画像

授乳・抱っこをする方は特に、目の下のクマやシワ、たるみやくすみに悩むのではないでしょうか。目のクマや老廃物は、目を使うから、睡眠不足だから仕方がないとあきらめることはありません。誰でも意識して改善できる方法があります。今回はそうした目の周りや顔のアンチエイジング方法をお伝えいたします。

クマ、むくみ、しわも姿勢の悪さから

クマやむくみなど、顔の老廃物は、本来たまらずに血液やリンパ液に回収されて流れていくものです。しかし、血液やリンパの流れが滞ると、老廃物がたまりやすくなり、くすみやしわもできやすくなります。

では、老廃物がたまり、顔のリンパの流れが悪くなる原因は何でしょうか。
主な原因は、猫背など姿勢の悪さです。猫背や肩すぼまり、頭が前に出ると、鎖骨や首の周りの筋肉が縮こまったままになります。首から鎖骨、わきにかけては顔の老廃物を流すリンパ管やリンパ節が密集しているところです。リンパ液は、血液と違って、心臓のようにポンプの役割をする器官がなく、周りにある筋肉の動きい助けられて流れる性質があります。

そのため周りの筋肉が縮こまり固まった状態だと、老廃物は産生され続けるのに、それを流していけず、たまっていってしまいます。デスクワークで画面にくぎ付けになる姿勢や、抱っこで肩を丸める姿勢を続けていると、クマやむくみができやすいと言えます。

リンパの流れを良くする、クマ・むくみとりマッサージ1

それでは、姿勢の悪さから一時的に滞った老廃物を流すためのセルフマッサージをご紹介いたします。

◆目の『ほり』
両手の親指で、目の『ほり』の部分を内側から外側へとゆっくり押していきます。眼精疲労や頭痛にも効果的です。

◆目のクマ、たるみ、むくみを流す
頭がい骨の目の丸い穴の下側の骨のキワを、内側から外側に向かって、中指や人差し指の腹でゆっくり押していきます。ちょうど目のクマやたるみが気になる部分です。老廃物の感触を感じるかもしれません。

リンパ液は、内側から外側に流れて、こめかみのリンパ節へ流れ込んでいます。それを助けるように、やさしく押します。

リンパの流れを良くする、クマ・むくみとりマッサージ2

・頬骨【写真】
頬骨に、両手の付け根を当てて、頬骨を内側から外側にマッサージするように手の付け根を転がします。頬骨の部分も老廃物がたまりやすく、くすみやむくみが気になる部分です。

・ほっぺた、エラ
頬の筋肉を、人差し指・中指・薬指の腹でやさしくくるくるマッサージします。歯を噛みしめた時に筋肉が出る『エラ』の部分もくるくる皮膚を動かすようにしてマッサージをします。ほっぺたが柔らかく上がりやすくなり、表情が明るく豊かに、しゃべりやすくなります。

気になる『エラ』もむくみが取れることですっきりします。

授乳中のママにおすすめ!目のクマ、むくみ、しわを解消するエクササイズとはの画像1

リンパの流れを良くする、クマ・むくみとりマッサージ3

・アゴとほっぺのリフトアップ【写真】
両手の親指と人差し指の間でアゴの先端をはさみ、両手で顔を覆うようにしながらアゴのラインに沿って内側から外側に手を滑らせます。少しずつ皮膚を持ち上げるくらいの強さにし、表情が明らかに変形するところまでは力を入れないようにします。

事務仕事など、接客のない仕事をしていたり、1人暮らしだったり、イライラすることが多かったりすると、表情が硬くなり、顔周りの筋肉がこわばりがちになります。

それも、しわができたり老廃物の流れが悪くなったりする原因です。表情筋を使い、こわばりを取るストレッチをすることで、血行を良くし、リンパの流れを促し、またリフトアップ効果を上げます。

それでは、エクササイズをご紹介しましょう。

授乳中のママにおすすめ!目のクマ、むくみ、しわを解消するエクササイズとはの画像2

リンパの流れを良くする、クマ・むくみとりマッサージ4

◆『イ』の口あご上げストレッチ【写真】
『イ』の口を作って上を見てみましょう。アゴしたから首にかけてがとてもよく伸びます。ここの筋肉は、口角やほっぺたにつながり、硬くなると口角やほっぺたを下げたり、ほうれい線をつくったりする原因となります。またストレッチをすることで、顔全体の血行が良くなり、くすみが取れます。

◆目玉動かし
顔は動かさずに、目玉だけを動かして、大きく左右上下を見たり、目の輪郭を見るように大きく円を描くように動かしたりします。目の周りの筋肉を使い、たるみやしわを防ぎます。

◆顔のギュー、パ
顔のパーツすべてを中央に寄せるように力を入れたり(ギュー)、顔のパーツすべてを広げて大きく目や口を見開いたり(パ)します。表情筋をたっぷりと使い、リフトアップした立体的な、血色の良い顔を作ります。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

美宅玲子

ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター。
東京学芸大学教育学部卒。中学から大学まで陸上競技(100mH、走幅跳)に打ち込み、全日本インターカレッジ出場。姿勢...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 授乳中のママにおすすめ!目のクマ、むくみ、しわを解消するエクササイズとは