1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 利き脳で片付けの仕方が変わる!?利き脳チェックの方法をご紹介

利き脳で片付けの仕方が変わる!?利き脳チェックの方法をご紹介

利き脳で片付けの仕方が変わる!?利き脳チェックの方法をご紹介のタイトル画像

手や足に利き手、利き足があるのと同じように、脳にも利き脳があります。それによって、得意な片づけ方法が違うのです。まずは、ご自分の利き脳をチェックしてみましょう。

出典:https://www.flickr.com/photos/55372494@N06/15296566096/

利き脳と片づけの関係

自分に合わない片づけ方法で片づけると、使いづらくてストレスが溜まったり、すぐに元のグチャグチャな状態に戻ってしまったりします。アメリカ発の片づけ術「ライフオーガナイズ」では、自分に合った片づけ方法を見つけるツールの一つとして、「利き脳」を用いています。

手や足にも利き手、利き足があるように、実は脳にも利き脳があるのです。考えたり行動したりするときに、右脳をよく使うのか、左脳をよく使うのかで脳タイプが異なります。自分の利き脳が分かると、自分が得意なこと、楽にできることが分かるのです。

片づけは、モノを選び、どこにしまうか判断し、使い終わったら元に戻す。無意識のうちに脳をフル回転させています。そのため、脳タイプによって、得意な片づけ方法が異なるのです。

右脳と左脳の特徴

私たちの思考や行動をつかさどる脳を、大きく右脳と左脳に分けてみます。



右脳は、物事を直感的に受け入れ、全体を見る力にすぐれ、イメージを大切にします。一方、左脳は文字や数字に強く、論理的に考えることが得意です。右脳と左脳では得意とすることが違います。

利き脳の調べ方

では、実際に「利き脳」を調べてみましょう。



まずはインプットの利き脳を調べます。

指を組んで、親指の位置をチェックしてください。(特に意識せず、自然に行います)右手の親指が下なら、インプットの利き脳は右脳、左手の親指が下ならインプットの利き脳は左脳となります。

インプットとは、目や耳で見聞きした情報を脳に取り込むこと。片づけではモノを探すときに使います。



次にアウトプットの利き脳を調べます。

腕を組んで、腕の位置をチェックします。右腕が下ならアウトプットの利き脳は右脳、左腕が下なら左脳です。

アウトプットとは取り込んだ情報を脳で処理し、言葉や行動で表すこと。片づけでは、モノを戻すときに使います。

利き脳で片付けの仕方が変わる!?利き脳チェックの方法をご紹介の画像2

4つの脳タイプ

インプットとアウトプットの利き脳の組み合わせで、4つの脳タイプに分けることができます。



インプットもアウトプットも右脳の「右右(うう)タイプ」

インプットもアウトプットも左脳の「左左(ささ)タイプ」

インプットが右、アウトプットが左の「右左(うさ)タイプ」

インプットが左、アウトプットが右の「左右(さう)タイプ」



次回は、利き脳別の片づけ方法について書きたいと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

ライフスタイル 家事 片付け

この記事を書いた人

まついまり

「ママの笑顔が家族の笑顔に」をモットーに、マスターライフオーガナイザーとして片づけサポートや講座を行う。もともと自己流で片づけを行っていたが、何度もリバウンドを...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 利き脳で片付けの仕方が変わる!?利き脳チェックの方法をご紹介