自分の思い描いたようにいかないのが子育てです。子育てでつまづいたときには、お子さんが産まれてきた日のことを思い出してみてください。

「産まれてきてくれてありがとう」という気持ち。とにかく産まれたことだけを純粋に喜んだ気持ち。今、お子さんが毎日生きてくれているだけでも幸せなことではないでしょうか?

過去の原因に目を向けるような引き算の子育てではなく、ぜひ、解決志向アプローチ足し算の子育てをしていってほしいです。