1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. かかりつけ医はもつべき?

かかりつけ医はもつべき?

かかりつけ医はもつべき?のタイトル画像

検診や病気、予防接種など、子どもを病院に連れていく機会はとても多いものです。そのため、かかりつけ医にトータルで診てもらえると何かと安心です。ここではかかりつけ医の選び方などについて解説します。

出典:http://free-photos-ls01.gatag.net/images/lgf01a201307190700.jpg

そもそもかかりつけ医はもった方がいいの?

かかりつけ医が決まっていると、日ごろからちょっとした変化にも気付いてもらえたり、その子どもにあった治療を選んでくれるなど多くのメリットがあります。子どもには成長過程でかかりやすい病気があり、場合によっては合併症や後遺症などが起こることもあります。その点、かかりつけ医であればその子の体質や病歴、成長段階などがわかっているので、継続して的確な診察が可能になります。また、子どもにとってもいつも同じ先生に診てもらえるのは安心感があります。そのため、ぜひかかりつけ医をもつことをおすすめします。

かかりつけ医とよい関係を築いておこう

信頼関係があってこそのかかりつけ医です。日ごろから医師と良いコミュニケーションが取れていれば、子どもが病気になった時に子どものことをよく理解した治療をしてもらえます。また、心配事や健康管理などの相談もしやすくなります。そのためにも、話をきちんと聞いてくれる、丁寧に診察してくれるなど、信頼できると思えるかかりつけ医を探すことが大切です。

小児科専門の医師をかかりつけにしよう

子ども、特に乳幼児には成長段階によって特有の病気やかかりやすい病気があります。体の構造も大人とは異なっているため、かかりつけ医には小児科専門の医師をおすすめします。小児科専門の病院が近くにない場合、「内科・小児科」と表示されている病院であれば大丈夫です。乳幼児は具体的にどこがどう具合が悪いのか言えません。それを察して的確な診察をしてもらうためにも、子どもの医療に関して専門知識や経験が豊富な専門医をかかりつけ医にしましょう。

分かりやすい説明をしてくれる病院がいい?

子どもの病気やけがの時には不安な気持ちになるものです。診察の際に、その病気や治療方法、家でのケアなどを丁寧に説明してくれる先生は信頼できます。一方的に話すだけでなくこちらの質問にもきちんと耳を傾け、混んでいても丁寧に答えてくれる、聞きなれない医療用語でも分かりやすく説明してくれるというのは、よい病院を探す目安になります。さらに、薬や注射などについても何のためのどんな薬なのかなど、きちんと説明してくれる病院を選ぶとよいでしょう。

その他のかかりつけ医を探すポイントは?

病院を探す際には近所の方の評判などを参考にするのもよいでしょう。口コミを参考にしつつ、医師との相性や人それぞれの考え方の違いも考慮して、実際に自分の目で確かめて選びましょう。病院の看護師さんの対応も病院選びの参考になります。受付の応対の仕方や子どもに対する接し方などもチェックしましょう。また、子どもの病気が専門外であったり重篤な場合に、すぐに他の病院や入院設備のある総合病院などを紹介してもらえるかどうかも大切です。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病院 かかりつけ医 病気

この記事を書いた人

ゆっきーママ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. かかりつけ医はもつべき?