1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「段階を踏んで着実に」がポイント!補助輪なしの自転車に早く乗れるようになる方法

「段階を踏んで着実に」がポイント!補助輪なしの自転車に早く乗れるようになる方法

「段階を踏んで着実に」がポイント!補助輪なしの自転車に早く乗れるようになる方法のタイトル画像

子どもが補助輪つきの自転車に乗れるようになったら、今度は補助輪を外して乗れるようになりたいですよね。でも教えるのってすごく難しい…。どうやったら短期間で乗れるようになるのか、そのコツをご紹介します。

出典:http://www.cyclowired.jp/?q=node/45831

まずは自転車を決めよう

練習する自転車は、将来を考えて大きいものを選ぶ方もいますが、子どもの体に合った小さいものからスタートするのが一番です。両方の足が地面につくサイズが良いですが、小さすぎるとむしろペダルを漕ぎづらくなります。足が3分の1ずつ地面につくくらいの大きさが、練習にはちょうどよいですよ。

「段階を踏んで着実に」がポイント!補助輪なしの自転車に早く乗れるようになる方法の画像1

ペダルを取ってしまいましょう

補助輪は当然外して練習しますが、その際ペダルも取ってしまいましょう!いきなり漕ぐ練習をするのではなく、まずはバランス感覚を養うことが大事です。最初は足で蹴ってもフラフラしたりすぐに足をついてしまうかもしれませんが、真っ直ぐ進む距離は徐々に伸びていきます。2歳児向けのペダル・ブレーキなし自転車に乗っていた子は慣れるのが早いかもしれませんね。

「段階を踏んで着実に」がポイント!補助輪なしの自転車に早く乗れるようになる方法の画像2

慣れたらペダルを再度つけて

自走できる距離が伸びてきたら、外していたペダルを再度取り付けて練習します。その際、止まっているところから発進する動作は一番難しいので後回しに。大人が押してあげてスピードが出たところで、ペダルを漕ぐという練習をします。バランスは取れるようになっているので、比較的早く漕ぐことができるようになると思いますよ。

ペダルを漕げるようになったら、止まっているところからの発進・ブレーキ・ハンドルさばきなどの動作を練習します。ペダルをこいで自走できるようになったら、目線も大切です。怖がって近くを見てしまいがちですが、少し遠くの行きたい方向を見るようにアドバイスしましょう。フラフラすることが減ってきます。

段階を踏むことが大切

自転車に乗るためには、いきなりペダルを漕いで練習するよりも、バランスをつかむという段階を踏んでからいった方が短期間で習得できます。早い子であれば1日あれば乗れるでしょう。

できないことが続くよりも、できることの積み重ねの方が子どものやる気もとぎれることなく楽しく練習できます!できないと挫折してしまいますよね。やる気と集中力を保つことができるように、上手に褒めるなどしながらサポートしてあげれば、上達も早いはずですよ♪

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

三輪車・自転車 キッズ用品 子育て・育児

この記事を書いた人

betty

2012年生まれの男の子と、パピヨンの二人の子をもつ(?w)母です。子育てをするまで分からなかった色々なことを、これからママになる方・子どもが小さい方にお伝えし...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「段階を踏んで着実に」がポイント!補助輪なしの自転車に早く乗れるようになる方法