1. >
  2. >
  3. >
  4. 病院の探し方

病院の探し方

病院の探し方のタイトル画像

子どもが病気やけがをした時、まずは小児科に行くことが多いと思いますが、症状によっては小児科以外の科で診てもらった方がよい場合もあります。そこで、小児科の選び方や症状別の病院の探し方について解説します。

出典:http://free-photos-ls03.gatag.net/images/lgf01a201406131600.jpg

かかりつけの小児科を選ぶポイントは?

子ども、特に乳幼児は特有の病気も多いので、小児科あるいは内科で小児科診療もあるかかりつけの病院があると安心です。かかりつけの小児科を選ぶには、まず、病気についての説明をわかりやすくしてくれるか、質問に丁寧に答えてくれるかがポイントになります。また、家庭でのケアについて症状に応じたアドバイスをしてくれるかどうかも大切です。さらに注射や薬の処方についても十分に説明を行い、専門外の治療が必要な場合には速やかに総合病院などに紹介してくれるお医者さんを選ぶとよいでしょう。

耳鼻科を受診するのはどんなとき?

耳を痛がる、耳や鼻に異物が入った、鼻血が止まらないなどの時には耳鼻科を受診しましょう。子どもは耳管が水平になっており、鼻水が耳へ流れやすくなっています。そのため、急性中耳炎になることが多いようです。赤ちゃんの場合は耳のあたりを触りながら泣きやまないなど、何らかのサインがあります。抗生物質で治療しますが、症状によっては鼓膜切開や経過観察が必要になることもあるので、専門医の診断を受けると安心です。また、耳や鼻に入った異物、虫などは無理に取ろうとせずに耳鼻科で取ってもらうとよいでしょう。

頭を打った時は脳神経外科にかかりましょう

子どもが頭を打った後、嘔吐が続く、頭痛やけいれんがある、ぐったりして呼びかけや刺激に反応しないなどの時は、脳神経外科を受診する必要があります。しばらくして歩けなくなったり頭痛がひどくなるなどの症状が現れる場合、ゆっくりと出血していることも考えられるので、専門の医療機関に診てもらうと安心です。たんこぶが大きい場合も念のため骨折の有無などの検査を受けた方がよいでしょう。また、24時間様子をみて、特に気になる症状が無く、意識もはっきりしていて問題が無ければ小児科でも構いません。

整形外科を受診するのはどんなとき?

手や足が動かない、歩けないなどの症状がある場合は整形外科を受診しましょう。手が動かないという症状で多いのは、親子で手をつないでいて急に手を引っ張ったり、寝返りしたはずみなどで肘の関節がずれてしまう「肘内障」です。小児科で肘内障の治療をしてくれることもありますが、治らない場合は整形外科が適当です。また、転んだりして手足を打った後に腫れや痛みが続き、動かない場合には骨折が考えられます。さらに、急に歩けなくなったという場合は関節炎が考えられます。この場合も整形外科で処置してもらいましょう。

火傷などの場合は皮膚科に行きましょう

火傷をしてしまった時にはすぐに皮膚科を受診しましょう。水ぶくれが破れて細菌感染を起こすのを防ぐことが必要です。ひどい火傷の場合は跡が残らないよう毎日処置に通わなければいけないこともあります。また、子どもに多い水イボやそれ以外のイボの場合も皮膚科での治療をおすすめします。水イボは自然に治るのを待っても構いませんが、皮膚科で処置してもらうと早く治ります。液体窒素でイボを冷却する治療を行ってくれる皮膚科もあるので、探してみるとよいでしょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病院

この記事を書いた人

ゆっきーママ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 病院の探し方