1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. “寝言泣き”と“夜泣き”の区別を知っていますか?寝言泣きの場合の対応方法とは

“寝言泣き”と“夜泣き”の区別を知っていますか?寝言泣きの場合の対応方法とは

“寝言泣き”と“夜泣き”の区別を知っていますか?寝言泣きの場合の対応方法とはのタイトル画像

赤ちゃんの夜泣きにノイローゼになってしまいそうなパパママも多いことと思います。でもその夜泣き、「寝言泣き」かもしれません。寝言泣きと夜泣きとの違いや、対処法についてご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11044014840

寝言泣きって?

寝言泣きとは、大人が寝言を言うように、まだ喋れない赤ちゃんが言葉代わりに、寝たまま泣くことをいいます。
大人と同じで赤ちゃんも昼間にあった出来事を思い出すなど夢を見ているからです。寝言泣きは本格的な泣き声の赤ちゃんもいれば、むにゃむにゃ言う程度の赤ちゃんもいます。

大人でも子どもでも、眠りは深い眠りと浅いを交互に繰り返します。寝言や寝言泣きが起こるのは浅い眠りのときです。大人はこのリズムが90〜120分、赤ちゃんの場合は40〜60分になります。赤ちゃんが夜中に泣き出すのが40〜60分ごとである場合は、夜泣きでなく寝言泣きである確率が高いと言えます。

寝言泣きは、起こさず見守るのが基本

この寝言泣きを夜泣きと勘違いして、おむつをチェックしたり、抱き上げてトントンしたり、おっぱいをあげたりすると赤ちゃんは本格的に目を覚ましてしまいます。寝言を言った大人を起こすのと同じで、赤ちゃんにとっては不快にさえ感じてしまいます。そしてふたたび眠りに入るのが難しくなり、夜泣きに突入してしまうのです。

赤ちゃんが泣いたり、手足をばたつかせたりした場合、2〜3分は何もせずに見守ってみてください。数分で自然に治まるようでしたら、それは寝言泣きです。
それでも、判断がつかず、対応に迷ってしまう、困ってしまう人は多いみたいですね。

それでも治まらない場合は?

それでも治まらない寝言泣きの場合もいくつか対処法があります。まずは手を握る方法です。
片方でいいので、赤ちゃんの手を握ってあげると安心して寝てくれる場合があります。

また、バスタオルを赤ちゃんにそっとかけて、両端を背中の下に入れるようにしてふんわりと包み込むとはじめは嫌がっても、数十秒くらいでふたたび寝てしまうこともあります。

もしくは歌を歌ってあげましょう。
お母さんの歌う声は赤ちゃんにとって落ち着くものです。
優しく静かに歌ってあげると、安心してふたたび眠りに入っていくことも多いです。もしこれらの方法を試しても泣きやまない場合、それは夜泣きの可能性が高いので、抱っこしてあやしてあげたり、授乳したりしましょう。

“寝言泣き”と“夜泣き”の区別を知っていますか?寝言泣きの場合の対応方法とはの画像1

夜泣きがひどくて心身ともに消耗されてしまっている方は、多少放っておいて大丈夫な寝言泣きだと分かるとだいぶ気が楽になりませんか?

寝言な気する赤ちゃんはどんな夢を見ているのかな、と考えたり、手のかかる赤ちゃんの時期をできるだけイライラせずに過ごせるといいですね。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ririyo

やんちゃボーイとおませガール!楽しく子育てしています。
毎日見ていても子どもの成長にびっくり!子どもの頃だからこそできる体験をさせてあげたい。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. “寝言泣き”と“夜泣き”の区別を知っていますか?寝言泣きの場合の対応方法とは