1. >
  2. >
  3. >
  4. ママの心がペコペコになっていませんか?ママの心にも、チャージが必要です

ママの心がペコペコになっていませんか?ママの心にも、チャージが必要です

ママの心がペコペコになっていませんか?ママの心にも、チャージが必要ですのタイトル画像

「子どもがうるさい」「いらいらする」…常にこのような気持ちを感じる時は、ママの心がペコペコになっている時のサインかも。「母ならできて当たり前」ではありません。ママだって感情がある人間。自分に余裕がなくなれば優しい気持ちになれない時があります。「ママの心がペコペコにならないように」そんなことを考えてみます。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28054000321

もし「明日は何もしなくていい」と言われたら何がしたい?

お子さんのいるママに質問です。



「明日は子どものお世話は何もしなくていいよ」

「24時間何をしてもいいよ」

「お金を気にしないで好きなように使っていいよ」



もしそう言われたら、何をして過ごしたいですか?

多くのママの意見は…ずばり

映画?買い物?エステ?食事?なんだろう…?実際に、ママたちに先ほどの質問をすると、多くのママが答えるのは…。



「ボ~ッと寝ていたい」

「本を読みたい」

「マッサージを受けに行きたい」

「DVDを好きなだけ見ていたい」



もしくは、

「久しぶりにゆっくり掃除がしたい」

「お洋服を整理したい」

「写真の整理がしたい」



えっ?これだけ?



中には、旅行や買い物に行きたいママもいるかもしれません。どちらかというと、サポートがしっかりあって休息がとれている余裕のあるママの方がそのようにこたえる傾向があるように感じます。余裕のないママからは、「まずゆっくりしたい」「ボ~ッとしたい」という言葉が多く聞かれます。

では、ゆっくり休んだ後の自分を想像してみてください

再び質問です。



もし、お子さんを預かってもらって、食べたいものを食べて、買いたいものを買って、映画を見て、エステに行って、お金もいっぱい使って…。そんな一日を過ごすことができたとします。



一日たっぷり遊んで帰宅したら、お子さんにどのように声をかけてあげたいですか?もし、その時にお子さんがかんしゃくを起こしていたなら、いつもの関わり方と違いがあると思いますか?

笑顔で子育てをするには親の「余裕」が大切

きっと多くのママさんは、「あ~楽しかった。リフレッシュできた。でも、私がいなくて寂しがっていないかな…。明日からはいつもよりもたくさん笑ってたくさん抱きしめよう!」と思うのではないでしょうか。



ママが笑顔で育児をするには、ママに余裕があることが大切です。余裕がなくなればイライラピリピリしてしまうのは当然のこと。



「余裕がある育児」と言葉にするのは簡単でも、「どうすれば余裕がある状態なのか」はママの性格によってさまざまだと思います。以下の中でいくつ当てはまるかカウントしてみてくださいね。



・パパに、育児の思いや相談をきちんと聴いてもらっているか

・パパ以外に「ママ」を支えてくれる人はいるか(おばあちゃん、ご近所さん、ママ友、同級生、専門職など)

・育児以外で、楽しいと感じることはあるか

・ママ以外に、子どもの安全をずっと見守ってくれる人は日常的にいるか

・毎日30分だけでも、のんびり体を緩める時間はあるか

・心から笑える時間はあるか…



ふたつ以下のママは「心がペコペコ」になりつついる可能性がありますよ。自分を大切にできていますか?

ママの心がペコペコになっていませんか?ママの心にも、チャージが必要ですの画像1

上記は、母性心理学で有名な「ママの心理」の図です。ママの心に栄養がしっかりチャージされていなければ、愛情たっぷりと心のこもった育児をすることは困難なのです。



より「心のこもった育児」ができるように。自分を大切にすることが後回しにならないように。ママの心がペコペコにならない生活のためにどんな工夫ができるのか…。ずっと幸せなママでい続けるために、そんなことを考える機会になればうれしいです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

momotaro

埼玉県内の助産院院長。

助産師・看護師として、幸せな母乳育児をアドバイス。
母乳育児支援では「ママにとってのラクチン授乳」と「赤ちゃんの気持ち通訳」を...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. ママの心がペコペコになっていませんか?ママの心にも、チャージが必要です