1. >
  2. >
  3. >
  4. 正しい検査結果が得られるのは「次の生理予定日から◎◎日後」妊娠検査薬を使うタイミングとは?

正しい検査結果が得られるのは「次の生理予定日から◎◎日後」妊娠検査薬を使うタイミングとは?

正しい検査結果が得られるのは「次の生理予定日から◎◎日後」妊娠検査薬を使うタイミングとは?のタイトル画像

妊娠したかも!?すぐに病院に行きたいけど違っていたら恥ずかしいし…。病院に行くその前に自分で検査ができる便利なアイテムが「妊娠検査薬」です。妊娠検査薬を使うタイミングと見方をまとめました!

出典:https://www.flickr.com/photos/byspice/6339549754/in/photostream/

妊娠検査薬はいつ使うといいの?

妊娠検査薬は、尿の中に含まれるhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)という胎盤を作る際に絨毛から分泌されるものの濃度で判定します。hCGは妊娠ホルモンとも呼ばれ、妊娠の週数が増えるにつれて濃度も濃くなり、妊娠3ヶ月ころがピークになると言われています。

一般的な妊娠検査薬は、このhCG濃度が50mIU/mL以上で陽性反応が出るようになっているようです。

正しい検査結果が得られるタイミングは、「次の生理予定日から一週間後」とされています。妊娠しているか気になって早く結果を知りたい気持ちは分かりますが、hCGが分泌する速さは個人差があり、あまり早く検査しても正しい結果が得られないことがあるので注意しましょう!

生理開始日や周期がわからなくなってしまったら、“セックスした日+3週間後”を目安にしてください。

正しい検査結果が得られるのは「次の生理予定日から◎◎日後」妊娠検査薬を使うタイミングとは?の画像1

早期妊娠検査薬もある!?

一般的に販売されている妊娠検査薬は、hCG濃度が50mIU/mL以上で陽性反応が出ますが、25mIU/mL以上で検査できる早期妊娠検査薬というものもあります!

早期妊娠検査薬を使うと、次の生理予定日の辺りから反応が出てくるそうです。「早く知りたい!」という方は、少しお値段が張りますがこちらを使ってみるのもいいかもしれません。

正しい検査結果が得られるのは「次の生理予定日から◎◎日後」妊娠検査薬を使うタイミングとは?の画像2

妊娠検査薬の判定の見方は?

一般的な妊娠検査薬は、キャップを外し、そこへ尿をかけキャップをはめます。尿をかけると、終了線が浮き出てくると思います。この線は正しく尿がかかった証拠ですので、安心して判定が出るまでしばらく待ちましょう!
待つ時間はメーカーによって異なるので、取扱説明書をしっかり読んでくださいね。

判定時間になったら、判定窓に線が浮き出ているかを確認します。線が薄かった場合は、日にちをおいてもう一度検査してみましょう。線の色が濃くなっているようなら陽性反応です!この判定窓の線は縦線や十字線、色もピンクやブルーなどメーカーによって様々ですので、判定を間違えないようにしてくださいね。

逆に、線の色が濃くならなかったり、薄くなっていく場合は化学流産が考えられます。
化学流産はママのせいではありません。もともと受精卵に何らかの異常があったため、妊娠が継続できなかったと考えられています。ですから、自分を責めずに前向きに次の妊娠を待ちましょう!

コストの安い海外製を使用する人もいるらしい!

海外製の妊娠検査薬も様々あります。簡易にできているため、大量買いでき、日本製のものよりもコストが抑えられるようです。「妊娠が継続しているか気になるから毎日検査したい!」という方は、海外製を試してみる方法もありますよ。

関連する記事

この記事に関するキーワード

妊娠検査 妊活・不妊

この記事を書いた人

なべみ

30代主婦。1歳と3歳の2人の子育て真っ最中です。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 正しい検査結果が得られるのは「次の生理予定日から◎◎日後」妊娠検査薬を使うタイミングとは?