これまでのことが、朝一の頭を走馬灯のように駆け巡る。

次回、いよいよ感動の対面へ。