1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. NHKのEテレ子ども番組がおもしろい!ママ目線で選ぶ、“楽しく学べる”番組ランキング!

NHKのEテレ子ども番組がおもしろい!ママ目線で選ぶ、“楽しく学べる”番組ランキング!

NHKのEテレ子ども番組がおもしろい!ママ目線で選ぶ、“楽しく学べる”番組ランキング!のタイトル画像

子どもと大人の教育番組を中心に放送されているNHKのEテレ。最近は人気タレントを起用したり、民法のバラエティに近い番組も増えています。楽しみながら学べるEテレこども番組を、ランキング形式でご紹介します。

出典:http://www.nhk-ep.com/products/detail/h17208A3

No.3「いないいないばあっ!」

0歳から2歳までの幼児を対象にした番組で、「音」や「映像」を強調することで構成されています。そのため乳幼児の感性に働きかけやすく、豊かな能力や可能性を引き出すことを主眼としています。泣いていた赤ちゃんが興味を引かれて泣き止んだり、子ども同士・親子のコミュニケーションのきっかけともなるよう配慮されています。

歯みがきや靴、おまるや汽車のおもちゃなど子どもの身の回りにあるものがキャラクターとなっていて、日常生活のしつけに役立つという面も。2015年には人気の子役だった「ゆうなちゃん」が卒業、新しく「ゆきちゃん」が出ていることも話題となりました。

No.2「みいつけた!」

「みいつけた!」は、4〜6歳の子どもを対象としたエンターテイメント番組です。不思議な椅子のキャラクター「コッシー」を中心に、歌ったり踊ったり遊んだりしながら「友達の大切さ」「命の不思議」「思いやりの気持ち」「自立心」などを育むことができるような番組構成になっています。

この番組の大きな特徴は、有名な実力派Jポップアーティストがテーマソングを手がけていること。山崎まさよし、トータス松本、クレイジーケンバンドの横山剣などの個性あふれる曲の数々は、子ども番組の曲とは思えないクオリティーで、大人が聴いても楽しめます。

最近、家族全員でEテレ『みいつけた!』にハマっています。



ギャグセン高いし、



声優陣豪華すぎるし、



作曲者たちが世代ドンピシャすぎるし、



スイちゃんかわいいし…(娘にちょっと似てる…)。



ハマらないわけがないという感じ。







最近は特に、『オッス!イスの応援団』という、歌を無意識に口ずさんでしまっている私。



「イスと脚立、全然違う~全然違う~♪」



宮藤官九郎さん作詞、星野源さん作曲、さすがです。

No.1「びじゅチューン!」

「びじゅチューン!」は、世界の美術作品をテーマにした番組です。といっても堅苦しくは全くなく、ユニークな歌とアニメーションで美術を学べます。

番組は、サンドロ・ボッティチェッリ「ヴィーナスの誕生」を紹介した回では「委員長はビーナス」、モナ・リザを紹介した回では「お局のモナ・リザさん」などといった内容になっています。

一度聴いたら忘れられない音楽の作詞・作曲、歌唱、そしてゆるい雰囲気のアニメーションのすべては、映像作家の井上涼さんによるものです。井上涼さんは、「不思議系アーティスト」と呼ばれることもあり、彼の感性が「びじゅチューン!」には大いに生きています。

この番組で「芸術はおもしろいもの」との意識が芽生え、子どもが美術に興味を持つのに大いに役立ってくれることでしょう。

関連する記事

この記事に関するキーワード

室内遊び 子どもの遊び 遊び・教育

この記事を書いた人

ririyo

やんちゃボーイとおませガール!楽しく子育てしています。
毎日見ていても子どもの成長にびっくり!子どもの頃だからこそできる体験をさせてあげたい。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. NHKのEテレ子ども番組がおもしろい!ママ目線で選ぶ、“楽しく学べる”番組ランキング!