1. 総合トップ
  2. >
  3. 産後
  4. >
  5. 双子の出産はリスクがたくさん!切迫早産で1ヶ月入院からの母子同室育児フラフラ・・・

双子の出産はリスクがたくさん!切迫早産で1ヶ月入院からの母子同室育児フラフラ・・・

双子の出産はリスクがたくさん!切迫早産で1ヶ月入院からの母子同室育児フラフラ・・・のタイトル画像

一人の子どもを産むのも命がけですが、双子の出産は、母体にもお腹の中の子ども達にもリスクがたくさんあります。そんな双子出産の体験談です。


双子出産に安定期はない

双子出産に、安定期はないと言われています。通常、1人入るだけでいっぱいいっぱいのお腹に、2人入っているわけですから、当たり前ですね。お腹が大きくなるのも、他の妊婦よりも早く、早産リスクが高いため、双子だとわかった瞬間から、医師より安静をすすめられ、妊婦検診も、通常よりも多い頻度で行われます。



特に、我が家の双子は一卵性で1つの胎盤を二人で共有しているタイプの双子だった為、双胎間輸血症候群になる可能性を危惧し、2人の成長度合いが同じであるか、確認の為に検診が行われていました。

TTTSは一絨毛膜双胎に起こる特殊な病気です。共有している胎盤でつながっている血管(吻合血管)を通じて、互いの血液が両方の胎児の間を行ったり来たり流れており、通常はバランスがとれているため問題がありませんが、このバランスが崩れたときTTTSが発症します。血液を余分にもらっている方の胎児(受血児)は全身がむくんできて、心不全、胎児水腫という状態になります。また、胎児の尿量が増えることにより羊水過多となります。一方、血液を送り出している胎児(供血児)は、発育不全で小さくなり、尿量が少なくなるため腎不全や羊水過少となります。この病気は一絨毛膜双胎の約1割におこり、無治療では児の救命が困難です。TTTSはどちらか一人の児の病気ではなく、どちらの児も状態が悪くなることが特徴です。

切迫早産で緊急入院。

双子の出産はリスクがたくさん!切迫早産で1ヶ月入院からの母子同室育児フラフラ・・・の画像1

既に妊娠7ヶ月目で臨月のようなお腹になっていました。妊娠28週目あたりで管理入院を勧められていましたので、里帰り先で分娩予約をしました。27週目ではじめて里帰り先の病院で検診をおこなったところ、「子宮頚管15ミリ。緊急入院だよ!」とのお達し。



いつ生まれてもおかしくない。安全に生まれるといわれる37週目までもたないと言われました。その場ですぐ、歩いてはいけないと言われ、車椅子で病室へ運ばれるのでした。

1ヶ月半に渡る入院生活

双子の出産はリスクがたくさん!切迫早産で1ヶ月入院からの母子同室育児フラフラ・・・の画像2
この記事を書いた人
田仲ぱんだの画像
田仲ぱんだ

専業主婦。
2013年に誕生した一卵性の双子の女の子、なーたんときゃえたんとの日々をイラストでつづった「ふたごむすめっこ」というブログを公開しています。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 産後
  4. >
  5. 双子の出産はリスクがたくさん!切迫早産で1ヶ月入院からの母子同室育児フラフラ・・・