1. >
  2. >
  3. >
  4. 3種類の「きく」を使い分けてみよう。子どもの気持ちを理解したい親が学ぶべきコミュニケーションのコツ

3種類の「きく」を使い分けてみよう。子どもの気持ちを理解したい親が学ぶべきコミュニケーションのコツ

3種類の「きく」を使い分けてみよう。子どもの気持ちを理解したい親が学ぶべきコミュニケーションのコツのタイトル画像

子どもの才能を伸ばしたい、個性をのばしたい!と思う親御さんも多いのでは?そんな親御さんに向けて、「子どもの可能性が伸びていくために、親が意識すべきコツ」を5つのポイントに分けてご紹介。今回は2つ目のポイントをお伝えします。

子どもの可能性が伸びていくために、親が意識すべき5つのコツとは?

「子どもの可能性が伸びていくために、親が意識すべきコツ」を5つを、数回のコラムに分けてご紹介。前回の記事では、一つ目のコツ、「日頃から笑顔で接すること」についてお伝えしました。

親の表情はたくさんの情報を伝えている!?〜『子どもの持つ可能性が伸びる』ために親が意識したいこと〜

さて、今回の記事では、2つ目のコツについてお伝えします。

慌ただしく、忙しい日々・・・ちゃんと我が子の声を「聴く」ことができていますか?

人と人とのコミュニケーションにおいて、自分が知りたい相手の情報の多くは、「相手の話をよく聴くこと」と「知りたいことを質問すること」によって得ることができます。



その他にも、「見ること(観察する)」と「読むこと(解読する)」によっても情報を得ることができ、これらを合わせるとこちら側が望んでいる情報がほぼ手に入ると言っても過言ではありません。



そしてこれは、我が子とのコミュニケーションにおいてもまったく同じ。しっかりと「聴く」ことができないと、入るはずの情報も、得ることができないのです。

「きく」といっても、3種類ある!子育てにおいて重要なのは・・・?

何らかの情報をインプットする時、「きく」という行為には、3つの種類があります。



一つ目は「聞く」。英語では<hear>です。

この「聞く」は、自然に耳に入る音を感じることを意味します。例えば、親子で話をしているときにテレビから流れる司会者の声などがそれです。



二つ目は「聴く」。英語では<listen>

この「聴く」は、真剣に相手の話を聞き取ろうとすることの意味で、一般には「傾聴」と呼ばれています。例えると、相談者の話を真剣に聞き取ろうとしている時のカウンセラーの聴き方です。



この「聴く」には、音を知覚するだけではなく、その知覚した音の意味を解釈し、理解するという深い意味があります。



つまり「耳には入っていますよ」というものが<聞く>で、「耳を傾けて理解しようとしていますよ」というものが<聴く>にあたります。



最後の三つ目は「訊く」。英語では<question>。つまり、「質問する」という意味です。



コミュニケーションにおける会話のきっかけは、ほとんどの場合、質問から始まります。そのきっかけから友達になったり、お付き合いしたりする場合もあるわけですから、コミュニケーションにおいて質問することの重要性は言うまでもありません。



子育てにおいて重要となるのは、「聴く」(傾聴)と「訊く」(質問)です。特に、「聴く」という行為はとても大切になります。

3種類の「きく」を使い分けてみよう。子どもの気持ちを理解したい親が学ぶべきコミュニケーションのコツの画像1

どういう姿勢で子どもの話を聴けばいいか?

子どもの話をよく聴く、というのは、黙って静かに聴くことではありません。



聴くことによって、子どもの話の全体の内容や意味をきちんと理解することが目的となりますから、そのためには、ときには質問したり、親からも話をしたりするなどの“やりとり”が必要です。



このやりとりのことをコミュニケーションと呼ぶのですが、家事が忙しかったり、いつも一緒に居るからコミュニケーションはとれているだろうと安心しきっていると、子どもの話にゆっくりと耳を傾ける機会を見逃してしまいがちです。



子どもがするすべての行動には意味があります。そして、私たち大人が思っている以上に、子どもはいろいろなことを考えています。



子どもを信じ、子どもの話や意見に耳を傾ける親の姿勢こそ、子育てにおいて求められているのです。

「よく聴く」ことが、その後の子どもの人格形成に大きな影響を与える

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

武蔵野学院大学 准教授 吉井伯榮

1953年11月生まれ  
・一般社団法人 日本パーソナルコミュニケーション協会 代表理事
・子育て世代を応援する「子育て診断士」会 会長
・武蔵野学院大...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 3種類の「きく」を使い分けてみよう。子どもの気持ちを理解したい親が学ぶべきコミュニケーションのコツ