もちろん、子どもと過ごしていると、デザインハウスのようなお洒落なリビングは、よほどお部屋が広くないと出来ないと思います。ただ、子どもがいる今だからこそ、逆に楽しみながらお部屋を整えてみるのもいいかもしれません。



インテリアをあきらめる必要はなくて、子どもと大人が気持ちよく過ごせる空間を探してみると、お家での時間がより心地よいものになるのではないでしょうか。



これからも、子どもの成長に寄り添ってインテリアを楽しんで行きたいと思います。