1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 秋・冬に流行る感染症!ノロウイルス・インフルエンザの効果的な予防法とは?

秋・冬に流行る感染症!ノロウイルス・インフルエンザの効果的な予防法とは?

秋・冬に流行る感染症!ノロウイルス・インフルエンザの効果的な予防法とは?のタイトル画像

大人よりもまだ抵抗力が弱い子どもは、さまざまな感染症にかかりやすいもの。特に感染症が流行しやすい冬は注意が必要ですね。ここでは冬の感染症とその予防法について説明していきます。

秋・冬にはどんな感染症が流行するの?

秋・冬になると毎年のようにさまざまな感染症が流行します。よく知られているのは感冒(風邪)とインフルエンザです。特に乳幼児がかかりやすい感染症にはノロウイルス、ロタウイルス、RSウイルス、マイコプラズマなどがあります。



下痢や嘔吐を伴うノロウイルス・ロタウイルスは食品や感染者の便・嘔吐物から感染しやすい病気です。RSウイルスとマイコプラズマは、風邪や肺炎に似た呼吸器の症状を伴います。乳幼児は大人より免疫力が低くウイルスに感染しやすいので、ママパパはそのことをふまえて子どもの感染症予防を行うことが大切です。

インフルエンザを予防する方法とは?

冬から春にかけて大流行を起こす季節性のインフルエンザです。乳幼児はウイルスに感染しやすく、発症すると脳炎や肺炎などの合併症を起こしやすいため、念入りに予防を行うことが必要です。



まずは、家族全員が手洗いとうがいを徹底しましょう。また、冬はできるだけ人ごみを避けることも有効です。ワクチンは重症化を防ぐ効果が期待されているので、乳幼児にはワクチン接種をおすすめします。インフルエンザは風邪と症状が似ていますが、子どもが38℃以上の高熱を出したらインフルエンザの疑いがあるので、すぐ病院へ連れて行ってください。

ノロウイルスを予防する方法とは?

ノロウイルスはカキなどの貝類に含まれることが多く、カキの旬である秋冬にノロウイルス感染症が多発します。ただし主な感染ルートは感染者の嘔吐物や下痢なので、家庭では食品以外に手や身の周りの衛生にも注意しなければなりません。



ノロウイルス感染症の予防は手洗いと消毒が重要です。家族全員が石けんを使った手洗いをこまめに行い、調理する人はウイルスを死滅させるために食品を85度以上の温度で1分以上加熱してください。塩素系漂白剤による消毒も有効です。もし子どもに下痢や嘔吐の症状があれば、すぐ受診させましょう。

おむつの処理に潜む感染症の危険

ノロウイルス・ロタウイルスは感染者の便を介して感染を広げていきます。赤ちゃんが発症すると下痢が起こり、赤ちゃんの使用済みおむつからウイルス感染が広がることも少なくありません。



ウイルス感染を食い止めるため、使用済みおむつをナイロン袋等に密封してから捨てることが大切です。またノロウイルスは乾燥して空気中に飛散するので、ふた付きのゴミ箱に捨てるのがのぞましいです。おむつ替えをした人の手にウイルスが付着している可能性も高いので、おむつを替えた後は石けんを使って十分に手洗いしてくださいね。

家の中でも家族で元気に遊ぼう!

感染症が流行している時期は、子どものウイルス感染を防ぐため人混みを避けて家の中で過ごすのもひとつの手です。そんな時は家で親子遊びをして過ごすのがおすすめ。親子で向き合って座り互いに相手の体をくすぐって笑わせたり、音楽を流して自由に踊って体を動かすなど、シンプルな遊びも楽しいですよ。



また、古新聞や段ボールを使った工作は、お金もかからず子どもも喜ぶ遊びになります。丸めた新聞紙で行う雪合戦や玉入れは、玉が体に当たっても痛くないので子どもも安全に遊べます。外でなかなか遊べない季節も、室内で思い切り遊べばストレスが溜まらず、適度に体を使うことができます。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 インフルエンザ

この記事を書いた人

れいこ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 秋・冬に流行る感染症!ノロウイルス・インフルエンザの効果的な予防法とは?