1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 社会の子連れ外出への風当たりが厳しい理由はなぜ?子連れ外出で必要なちょっとした配慮とは?

社会の子連れ外出への風当たりが厳しい理由はなぜ?子連れ外出で必要なちょっとした配慮とは?

社会の子連れ外出への風当たりが厳しい理由はなぜ?子連れ外出で必要なちょっとした配慮とは?のタイトル画像

「お子様連れはご遠慮ください」と冷たく言われて切ない思いをしたことはありませんか?世間は子どもに優しいことばかりではないかもしれません。でも、私は「子連れだから」周りの目が厳しいのではなく、パパママ次第なのではないかなと感じることがあります。

出典:https://instagram.com/p/6h2H0WMmyq/

子連れだからって肩身が狭い思いをすることはない…はず

赤ちゃんやお子さんのお世話をしているママはいつもベストコンディションではありません。疲れているときや悩んでいるとき、体調の悪い時だってあると思うのです。



ふだんなら優しくできることでも、疲れていて体調が悪いときに激しく泣かれるとピリピリしてしまうかもしれません。泣きわめく子どもを怒鳴りつけているママに出会うと「ああ、疲れているんだな」「このママは、ちゃんと誰かに優しくしてもらっているかな」…と、そんなことを思います。



私はいつもカバンの中に「ちょっとしたお菓子」や「ちょっとしたおもちゃ」を忍ばせています。激しく泣いているお子さんやそのママに出会ったらプレゼントできるように。すると、怒鳴っていてピリピリしていたママの表情が「ふと」和らぎ、子どもの泣き声が落ち着くことが多くてホッとするのです。



赤ちゃんや子連れだからって、肩身の狭い思いをする必要はないし堂々としていていいと思う。ママだって感情があるのだから、子供の泣き声に対して「うるっせ~な」と舌打ちされたら心がざわつくし、温かいまなざしを向けられたら心が潤う…それは当たり前のことですよね。

子連れでの外出、まったく遠慮しなくてもよいの?

私は職業柄、赤ちゃんや子どもの泣き声に慣れている方だと思います。ですが、パパママのモラルを疑うようなできごともありました。



中でも一番驚いたのは、とあるセミナーでのこと。参加者は「幸せな家族とは」「あたたかい人間関係とは」について学びたいと集まった20~40代の男女が約50人。受講費用を数千円払って、電車で1時間以上かけて参加していた人もいた講座です。



その会場内に、1~3歳の子どもが数人いました。冒頭で講師が「子どもがいるからと遠慮することはありません。お母さんも楽しく参加していってくださいね」案内しました。しかし、この保護者達は「まったく遠慮をしていなかった」のです。



講座が始まってから、ずっと「ノンストップ」で子どもたちが騒ぎ続けました。子どもたちのおしゃべりが気になって講師の話に集中できない騒々しさの中、母親たちは全く意に関しない様子。耐えきれず、会場係りの人が「少し外に連れてあそんでいましょうか?」と提案しても、母親は「私から離したら心配だから」と何も対策を講じようとはしなかったのです。



そして「子どもがいるんだから、少しくらいうるさくしたって仕方ないじゃんね~」という言葉が聞こえてきました。



この講座は、講師の話に感極まって涙する参加者もいる内容でした。皆がそれぞれの思いを抱きながら聴いていた、そのクライマックスの瞬間に子どもが叫びました。「バ~イキ~ンマ~ン!ははははは~!」と。

子連れに「寛容か」「厳しいか」は保護者次第なのでは?

確かに「子どもは声を出したくなる」だろうし「動き回りたくなる」のはわかります。しかし、親であれば「わが子がするであろう行動」の予測ができるはず。



その子が好きなおもちゃや本を持参する、飲み物や食べ物などちょっとした間食を用意しておく、会場に入る前に「大人のお話だから、静かにしていてね」としっかり伝える、それでもにぎやかになったら少し会場を出る…。そのような工夫をするかどうか、が「親の腕の見せ所」つまりは「しつけ」「モラル」なのではないかと思うのです。



この場合、会場に集まった大人50人は「講師の話を聴く」ために参加費を払って集まっていたのに、このお子さんのために「集中して聴く」ということができませんでした。それは「子どもだから仕方ない」とはいえないと思うのです。



私は、子どもだから、子連れだからと言って肩身の狭い思いをすることはないと思っています。しかし騒いでいる子どもがいても、周りに配慮をせず、厚顔無恥に振る舞う親を見れば「静かにしてほしい」と思うし、「そんな目で見られている子どもがかわいそう」とも思います。



大多数のパパママたちは、まわりに配慮ができる「モラルある」保護者だと思います。私は赤ちゃん参加OKのイベントをよく企画しますが「赤ちゃんが大勢いるのに静かですね」と驚かれることが多い。そのため「赤ちゃんだからうるさい」「こどもだからうるさい」という意見を聴くと悔しく感じるのです。



そんな「ちょっとした配慮」「ちょっとした気配り」という丁寧に子どもと関わることができる親ばかりになれば、もっと社会は子連れや子どもに寛容になるように思えてなりません。いや、そうなってほしいな~と願っています。



みなさんもぜひ一度このことについて考えてもらえたらいいなと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 お出かけ・旅行 子連れのお出かけ

この記事を書いた人

momotaro

埼玉県内の助産院院長。

助産師・看護師として、幸せな母乳育児をアドバイス。
母乳育児支援では「ママにとってのラクチン授乳」と「赤ちゃんの気持ち通訳」を...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 社会の子連れ外出への風当たりが厳しい理由はなぜ?子連れ外出で必要なちょっとした配慮とは?