1. >
  2. >
  3. >
  4. 意外と理解していなかった!1歳までに赤ちゃんはどうやって身体が発達するの?

意外と理解していなかった!1歳までに赤ちゃんはどうやって身体が発達するの?

意外と理解していなかった!1歳までに赤ちゃんはどうやって身体が発達するの?のタイトル画像

1歳までの赤ちゃんの発達はどのような経緯をたどるのでしょうか。今回は身体の発達にフォーカスを当ててパパママが留意するべき点をご紹介致します。もしもお困りごとや疑問等があった場合に参考にしてみてください!

出典:http://free-images.gatag.net/tag/children-babys
目次 まずは「首座り」をチェック!
赤ちゃんの寝返りとお座りの目安ってどれくらい?
ハイハイを経ていよいよ歩行へ!

まずは「首座り」をチェック!

生後4ヶ月の乳児検診でチェックを受けるのが赤ちゃんの「首座り」です。

皆さん、新生児の赤ちゃんをだっこする際、首を安定させるため縦に抱かずに首を押さえながら横にだっこすると思います。
それは赤ちゃんの運動機能の発達が頭や足などの末端から始まり、首の発達は目で視線を合わせることができるようになる頃にようやく始まるからです。

「首が座った」という状態は、
・赤ちゃんを仰向けにした時に両腕を持って引き上げると、首も一緒についてくる
・縦抱きにした場合に首が安定してぐらぐらしない
・腹這いにした場合に赤ちゃんが自分の力で首を持ち上げられる

状態を指しています。
この3つがクリアできれば、首が座っていると判断しても良いでしょう。

赤ちゃんの首座りはおおよそ生後3ヶ月〜5ヶ月頃に完成します。
ただし身体の発育は赤ちゃんそれぞれによって違うので、目安と考えてくださいね。

心配がある場合には、乳児検診で相談すると良いでしょう。

赤ちゃんの寝返りとお座りの目安ってどれくらい?

首が座ると次に赤ちゃんは「寝返り」を始めます。

寝返りの目安はおおよそ4ヶ月〜6ヶ月頃と考えてください。
ただし、身体の大きな赤ちゃんはなかなか寝返りを行わない場合もありますが、慌てなくても大丈夫です。
乳児検診で状態をチェックしてもらいましょう。

寝返りはしないのに腰の筋肉は発育が早い子は、お座り姿勢が安定する場合もあります。
「お座り」ができる目安は、生後9ヶ月頃です。
腹ばいの姿勢から自分でお座りの姿勢に移行できれば、お座りの完成と言えるでしょう。

ハイハイを経ていよいよ歩行へ!

お座りが安定してくると同時期に赤ちゃんは「ハイハイ」を始めます。

赤ちゃんの発育の目安で大切なことは、首座り→お座り→歩行の順で発達しているかということなので、ハイハイや寝返りの時期が遅かったとしても、あまり慌てないようにしましょう。

おおよそ7ヶ月〜9ヶ月頃を目安に赤ちゃんはハイハイを始めます。
手足の運動機能が発達して、交互に手や足を出すことができるようになった証拠です。

またハイハイは身体機能の発達の他に赤ちゃん自身の意思にも関わりがあると言われています。
物を取りたいという欲求がハイハイへと繋がるのです。
過保護過ぎて何でも取ってあげると、赤ちゃんは自ら動かないこともあるので注意しましょう。


また、ハイハイの形は赤ちゃんによって違います。座ったままの姿勢で起用に手とお尻を動かして移動する赤ちゃんもいますが、特に問題はありません。

この後、つかまり立ちや伝い歩きを経て歩行が始まります。おおよそ1歳前後で歩き始める赤ちゃんが多いでしょう。

赤ちゃんの発育は本当にあっという間です。
昨日できなかったことも、できるようになったという瞬間がたくさん訪れます。

赤ちゃんの初めての瞬間を見逃さずに、日々過ごしていきたいですね♪

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

Angelmama

子育てに毎日追われる主婦です!趣味は、温泉に楽器、子供と遊ぶことになります。子育ての情報を少しでもお届けしたいと思います。よろしくお願いいたします。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 意外と理解していなかった!1歳までに赤ちゃんはどうやって身体が発達するの?